転職は年収アップのチャンスです。求人情報を読む力を養いましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

経験やスキルを面接でアピール

新卒の就職活動でも、社会人の転職活動でも、面接は非常に重要です。もちろんその前の書類、新卒ならばエントリーシートや自己PR、志望動機、中途ならば職務経歴書も重要なのですが、1次試験を書類でパスした後の2次試験は面接のケースが多いので、やはり最終面接に行く前の一次面接も重要と言わざるを得ません。ただし、面接で話すことのベースは書類にあります。新卒ならば、エントリーシート、自己PR,志望動機ですね。一般的に新卒の就職活動では、エントリーシートの中に、自己PR、志望動機、学生時代にやってきたこと(経験)を書くように指定されることが多いです。自己PRも志望動機も、そのベースとなるのは自己分析です。自分の得意なこと、これからやりたいことなどを整理しておくことで、自己PR、志望動機が書けるわけです。そして学生時代にやってきた経験も自己分析で棚卸することになります。自分が学生時代に何に打ち込んできたのか、熱中したのか、どんな創意工夫をして課題を克服したのかなど、そういった点を具体例を交えながら十分にアピールしたいものです。例えばアルバイト、接客業のアルバイトをやっていたのなら、お客さまに喜んでもらうためにどんな工夫をしたのか、バイト仲間との団結を強めるためにどんなイベントを企画したのかなど、一見仕事には関係ないようなことでも、あなたのバイタリティを知る手がかりになります。企業の採用担当者はそういった点を見ながら、あなたを理解しようとしているのです。このようにして作成した学生時代にやってきた経験を面接でもアピールしましょう。書類上は文字数の制限などがあることもあるでしょうから、それを補足するつもりで熱く語ってみても良いでしょう。ただし、重要なポイントがあります。それは、相手にイメージしやすいように話すこと。そして、ポイントがズレた話を長々としないようにすること。面接官はあなたがその会社に入ったあと、どんな活躍をしてくれそうかを見ています。その活躍がイメージできるようなエピソードを、具体例を交えて話すようにしましょう。

履歴書の書き方

履歴書は職務経歴書と違い、新卒の就職活動でも、社会人の転職でも、人材派遣登録のときでも、パート・アルバイトに応募するときでも必要な書類です。いわば運転免許証のようなものですね。基本的に履歴書は自分の学歴を書類として提示する程度のものと考えてよいと思います。履歴書のフォーマットも文房具メーカーによってまちまちですし、例えば長所・短所や特技など書く欄がある履歴書もありますが、履歴書に書かなくてもそれを補足する書類(中途なら職務経歴書、新卒ならエントリーシートなど)に書けばよいので、履歴書に必ず書かなければならないというものでもありません。また、コンビニや文房具店で売っている履歴書以外に、求人サイトや求人情報誌に付録として履歴書のサンプルや記入例が掲載されていたり、求人サイトの場合はテンプレートがダウンロードできて、そのまま印刷して顔写真を貼ればよいものもあります。ただ、パソコン上で書いた文字をそのまま印刷するのはあまりよろしくないとされています。志望の熱意をアピールするためにも、丁寧な楷書でボールペンを用いて手書きするのがベストです。一般的に就職活動・転職活動をする場合は、複数の会社に応募するものです。履歴書はそのたびに必要になりますので、学歴の早見表など、毎回同じことを記入する場合は事前に手元において置くサンプルを作成して、そのサンプルを見ながら毎回手書きするのが良いでしょう。また顔写真は最近何ヶ月以内に撮影したものという指定がある場合もありますので、できれば就職活動前に撮影しておくことをおすすめします。普通は駅やデパートなどにある3分間写真でも構いませんが、女性の新卒で就職活動をする場合など、履歴書の顔写真の印象で一次の合否が決まることもあるようですので、お金に余裕のある人は、ちゃんとした写真館で撮影してもらうと良いでしょう。

就職活動の参考書

今回は新卒の就職活動で役に立つ参考書についてです。就職活動は多くの人にとって初めての体験なので、不安が多く、何かとマニュアルに頼りたくなるものです。まあマニュアルくんでは面接で高い評価を得ることはできませんが、就職活動がどういうものなのかを事前に知っておくことは非常に意味があると思います。今回このサイトで話題にしたいのはリクルートの就職ジャーナルです。一般書店に行くと置いてあることが多いですが、やはり就活は秋からのスタートという印象が強いので、多分秋口から本屋でも置いているところが多くなるでしょう。ちなみに月刊誌で通年発行です。この就職ジャーナルが他の就職活動本と異なるのは、なんと言っても雑誌であるという点でしょう。本のように1ページ目から順番に読む必要はなく、自分に必要な特集の部分だけを読んだりすることができます。ただし、難点もあります。それは月刊誌なので、次の号が発売されるまで自分の欲しい情報を待たなければならないということが起きる点です。実際には、就職活動、つまり企業にとっての採用活動のスケジュールというのはどこの会社も大きく変わらないため、その月にマッチした記事を提供してくれているのですが、やはり個人差、企業によっても違ってきますので、「来月号の特集を今読みたい!」という人も多いことでしょう。そのようなときのために、図書館でバックナンバーをコピーしたり、ヤフオクなどのネットオークションで去年のバックナンバーを通年分購入したりするのが良いと思います。書いてあるテクニック的なこと、心構え的なことは、年によって大きく変らないため、それでも十分有益な情報を得られます。
スポンサードリンク