転職は年収アップのチャンスです。求人情報を読む力を養いましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

持ち駒がないと焦っている人へ

新卒採用にのぞむ大学生も3年から4年になり、4月の後半にもなると、中には「持ち駒がない」と焦り始める人が出てきます。持ち駒とはもちろん選考過程にある企業のこと。就職活動初期に志望企業を絞り込みすぎると、大学4年の4月には、書類選考や面接でふるいにかけられ、ほぼ全滅なんてことが現実的にあり得ます。就職活動初期は自分に根拠のない自信があったりして、楽観的にどこか受かると思っているのでしょうが、そもそもそういう人に限って倍率の高い大手企業やマスコミなどの人気企業ばかりを受けているようです。あらかじめ4月の時点でそういった状況にならないように、ある程度就職活動初期に可能性を広げておくのがベストなのですが、就職活動初期はそこまで知識も危機感もないため、どうしても自分の興味のある業界や企業ばかりに目が向いてしまうため、このような失敗が頻発することになります。ただし、この時点でもう就職浪人やフリーターへの道が決定してしまうのかというと、そんな事は全くありません。いくら自分の周りの友達が大手や人気企業への内定をもらっていても、自分は自分と割り切って、本当に自分のやりたい事をもう一度考えた上で志望企業の幅を広げてみましょう。大学4年生の4月ではもう遅いと思っているかも知れませんが、中堅企業やベンチャー企業の中には、良い人材が獲得できればいつでも募集しているというところも少なくありません。大手と違い、中堅やベンチャーの場合は社員一人のパフォーマンスが、会社全体の売上げや効率に大きく影響することがあるからです。もう4月と焦らずに、まだ4月と気持ちを切り替えた上で、本当に自分と相性の良い企業探しを続けてみてはどうでしょうか。

ところで、これ知ってました?
エンジャパンの就活サイト

自己PRが書けない

新卒採用の就職活動を始めた学生が一番最初につまづくのが「自己PRが書けない」ということです。日本人は謙虚で奥ゆかしいので、どうしても自分の自慢話をしているように思えて嫌味に感じてしまうからでしょうか、自分をアピールするのが下手です。当然そういった理由だけではありませんが、普段から自分が得意だと思うこと、人に褒められることなどを意識していないと最初はなかなか自己PRが書けないと思います。自己PRが書けないという人の中にはもの凄い優秀な結果や経験をしていないと自己PRにならないと思い込み、それえ自己PRが書けなくなってしまっている人もいます。正直言いまして、もの凄い経験をしたことがある人なんてほんの一握りです。そういう人は超難関企業に一発で採用されるような人なので、はじめから適わないと諦めましょう。そういった一部の超優秀な人を意識するのではなく、自分の学生生活を振り返って、自分なりに頑張ったとか、よくやったという点を掘り下げてみることをおすすめします。自己PRに書くネタは別に何でも構いません。授業やゼミなどの勉強、アルバイト経験、部活動、もちろん個人の趣味でも構いません。私の知り合いには趣味の競馬について就職活動で熱く語り、それがウケて内定をもらったという人もいます。例えばレース前の分析であるとか血統についての知識だとかをアピールすることで、十分に自己PRにつなげられます。人によっては短所だと思い込んでいたことが、視点を変えることによって、自分の長所に変り、それを自己PRのネタにしたという人もいます。短所は見方を変えれば長所になるというケースも多々あります。まずは自分がどういう人間なのか、どのような経験をしてきたのか、どんな価値感を持っているのかなど客観的に分析してみましょう。もしも自分で分からなければ自分の両親や友達などに聞いてみましょう。結構意外な答えが返ってきて面白いですよ。

ところで、これ知ってました?
エンジャパンの就活サイト

好きなことを仕事にするのは間違いですか?

就職活動初期にはどうしてもマスコミ志望の学生が多い傾向になります。理由はカンタンで自分たちがいつも身近に接している業界だからです。そしてテレビや雑誌などは主に自分たちの欲しい情報を与えてくれたり、自分たちを楽しませてくれる好感度の高いものだからです。好きなことを仕事にするのは間違いではありませんが、学生の話を聞いているとあまりに薄っぺらい回答が多すぎて呆れてしまいます。例えば本を読むのが好きだから出版社を志望しましたと面接で言われた場合、言われた側の出版社の面接官はどのように感じるでしょうか。相手の立場になって考えてみてください。本が好きというのはお客様の目線です。しかし出版社では本を作って宣伝して売るというのが仕事です。楽しむために本をつくっているのではなく、読者を楽しませて、その代価としてお金をいただき、それによって利益を出し、株主に配当し、社員にお給料を払うというのが出版社です。決して社員を楽しませるのが目的ではないのです。もちろんステークホルダーとなる社員には楽しみながら仕事をしてもらいたいと思っているかも知れませんが、それも楽しみながら仕事をすることで会社に利益がもたらされることが前提です。会社の利益とは無関係に好きな仕事ばかりをされたのでは会社は成り立ちません。そう考えれば出版社を志望する理由として「本が好きだから」というのでは不十分すぎます。本というメディアに対する愛情をどうやって会社の利益に結びつけるのか、その筋道が見えるような志望動機でなければあなたの評価は上がらないでしょう。逆に本好きであることが会社にとって有益になることも当然あります。消費者目線で見たときに新たなサービスの可能性が広がるかも知れませんし、今の出版社の課題が浮き彫りになるかも知れません。そういったことが面接で話せるようになれば、面接官もあなたに興味をもってくれるでしょう。ポイントは、あなたがどう思うかではなく、あなたに何ができるのかです。こう考えることで就職活動に必要な思考をすることができます。

ところで、これ知ってました?
エンジャパンの就活サイト
スポンサードリンク