転職は年収アップのチャンスです。求人情報を読む力を養いましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

派遣サイト検索キーワードランキング

某大手派遣ポータルサイトで実施している検索キーワードランキングはなかなか面白いと思います。その派遣ポータルサイトのフリーワード検索で1ヶ月の間に検索されたキーワードをランキングにしているのですが、それが勤務地エリア別になっていて、北海道、東北、北陸・信越、関東、東海、関西、中国・四国、九州・沖縄の6ブロック別に集計されているのです。例えばある月の検索キーワードランキングを見てみると、北海道の1位が旭川市、次いで函館市、帯広と続きます。勤務地の絞込みに使われているようです。次に東北地方。1位は郡山市、次いでいわき市、英語です。北陸・信越では1位が英語、次いで長野、未経験。関東でも1位は英語、中国語、大学と続きます。東海地方でもやっぱり1位は英語、2位大学、3位中国語です。関東とほぼ同じ結果になっています。関西でも1位は英語、次いで大学、中国語と東海と全く同じベストスリーになりました。中国・四国も1位は英語ですが、2位がCAD、3位に中国語。関西は1位英語、次いで大学、中国語。中国・四国では英語、CAD、短期の順。最後に九州・沖縄地方では1位に沖縄、2位CAD、3位久留米という結果になりました。その勤務地エリア内の主要都市が上位に食いこんでくるパターンと、英語、中国語などスキルが上位にくるパターン、また短期、未経験など募集条件が上位にくるパターンなどバラエティに富んでいますね。これらの検索キーワードランキングを参考に、あなたらしい求人活動をこころがけてください。

医療・介護系の派遣の求人(関東エリア)

今回は大手派遣ポータルサイトで求人検索した結果をシェアしたいと思います。某大手派遣ポータルサイトでは、様々な条件でお仕事検索ができますが、今回は医療・介護系の派遣求人、エリアは関東、そしてこだわり検索として「未経験歓迎」を選択しました。いくら関東エリアという求人数の多いエリアでも、これだけ絞り込めば求人数も限られるだろうという当初の予想を裏切り、なんと2000件以上もの求人がありました。これも派遣ポータルだからこそでしょう。
さて、具体的にはどのような求人案件があったのかといいますと、非常に有名な大学病院の医療事務職。これは資格不問です。御成門駅徒歩5分というアクセスの良さが売りになっています。さらに即日から勤務可。すぐに仕事を始めたいスタッフさん必見の求人です。同じく資格経験不問のナースステーション内のお仕事。医療事務職での求人です。こちらは総合病院内ナースステーションの事務サポートが主な仕事内容です。資格や経験不問ということで応募しやすい求人と言えるでしょう。さらに同じく医療事務では14時終業OKという勤務時間を売りにしている求人も。こちらは調剤薬局の医療事務になります。このような病院の医療事務職以外にも研究機関での求人も医療・介護系派遣求人のカテゴリに掲載されていました。プラスチック部品メーカーでの樹脂材料の開発補助の求人。残業少なめなのがウリになっています。さらに交通費全額支給の有料老人ホームでの看護師・准看護師の求人や、大手企業内健康管理室での保健師の求人もありました。これも未経験可の求人です。

人材派遣会社ランキング

某ランキングサイトでの独自ランキングですが、ユーザーが選ぶ顧客満足度の高い人材派遣サービス会社ベスト20の結果が出ています。ご存知のとおり、人材派遣は大小あわせて無数にあり、特に首都圏では大手数社と独自の特徴を打ち出した一部の中堅派遣会社が凌ぎをけずっています。ランキングは8つの項目でそれぞれ行われ、その集計が総合ランキングに反映されています。項目としては、給与(時給)、提供情報の質、担当者の対応、提供情報の量、知名度・信頼性、研修・福利厚生の充実、コンタクトの容易さ(リッチ)、決定の早さの8項目です。
各項目の1位だけをピックアップしますと、給与(時給)ではパソナ、提供情報の質ではアヴァンティスタッフ、担当者の対応でもアヴァンティスタッフ、提供情報の量ではリクルートスタッフィング、知名度・信頼性でもリクルートスタッフィング、研修・福利厚生の充実では松下エクセルスタッフ、コンタクトの容易さ(立地)ではリクルートスタッフィング、決定の早さではアヴァンティスタッフとなっています。結果、総合では、パソナ、アヴァンティスタッフ、リクルートスタッフィング、テンプスタッフ、キャリアプランニング、松下エクセルスタッフ、アデコ、フジスタッフが上位に入っています。なお、業界のナンバーワンといわれているスタッフサービスは、その知名度に反して圏外となっています。スタッフサービスはリクルートに買収されましたが、買収後もリクルートスタッフィングとは住み分けて、スタッフサービスブランドでやっているつもりなのでしょうか?スタッフサービスが企業からはともかく派遣登録スタッフからは支持されていないという現実をどう受け止めるのか、リクルートの今後の対応が気になります。
スポンサードリンク