転職は年収アップのチャンスです。求人情報を読む力を養いましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

出世の早い会社の求人情報

会社の規模や社風、そして上司や同僚によって同じスキルを持った人でも、出世が早い人、遅い人が出てきます。出世が早いというと定義が曖昧ですが、ここでは仮に20代で管理職(係長以上の役職)になれる可能性があるというふうにとらえて、求人情報を調べてみました。また今回も大手転職サイトの検索結果を中心にお届けします。
まず進学塾チェーンの小・中学生向け塾講師、未経験可・急募の募集です。次に大手自動車メーカーのWEBシステムを担当する開発会社のWEBアプリケーション設計・開発担当。ベンチャー系営業アウトソーシング会社の企画提案営業職。同じく企画提案営業でも中小企業コンサルタントを有するコンサルティング会社。大手外食チェーンの店長・店長候補。店長・店長候補は若くして管理職になれる代表的な職種です。また、ゼネコン系企業グループのマーケティングに強い販売職。東証一部上場の中古車買取業の店舗営業。これは店長候補としての採用です。設立2年目で勢いのあるビジネスコンサルティング会社のエージェント営業などがありました。20代で管理職といっても、外食産業の店長職は数が多いですが、一般企業の課長以上となるとなかなか難しいかも知れません。ただしベンチャー系の企業は少数精鋭でこれから規模を拡大させていく過渡期に入社すると、会社の勢いがそのまま本人の出世の勢いになりやすく、20代で役員ということもあります。そのままベンチャー企業が新興市場に上場でもすれば、ストックオプションで得た株式の含み益が数十億円になることもあり、それを資金に自分の会社を立ち上げて代表取締役に就くという人生も考えられます。そうすれば20代で管理職どころか、20代で社長になることも夢ではありません。

フレックスタイム制度採用の求人情報

フレックスタイム制を導入している企業限定で転職・就職をしたい人もいるでしょう。例えば共働きで子供の保育園の送迎などがあり、朝または夕方は保育園の送迎にあてたい場合などです。フレックスタイム制度の良い点は、このような個々の家庭の事情に沿った働き方が出来る点です。必ずしも希望通りにはならないケースもありますが、少なくともフレックス制を採用していない企業よりは応募しやすいでしょう。
では具体的にどのような企業がフレックス制を採用しながら人材を募集しているのでしょうか?今回も大手転職サイトの求人情報から具体的な職種・職業や企業の業界・業種などをみていきたいと思います。まずは京都に本社機能がある老舗の和菓子屋さんが全国・世界へと店舗展開するため店長候補を募集しています。また、独立系システム開発会社のITエンジニア、なかでもアプリケーションのプログラムを担当するアプリケーションエンジニアをフレックスタイム制で募集しています。同様にSE育成、顧客対応が求められるシステムエンジニア、PM(プロジェクトマネージャ)、東証一部上場企業の通販会社大手の商品開発MD(マーチャンダイザー)、ヘラクレス上場企業のコンサルティング営業マネージャー、プレイングマネージャー、バイク販売全国チェーンの営業スタッフ、関東・東海・関西を中心に店舗展開するドラッグチェーンの薬剤師、女性の健康食品やコスメ商品の開発販売を行うWEBショップのマーケティング担当、セレモニーホールの葬祭ディレクターなどが検索でピックアップされてきました。
スポンサードリンク