転職は年収アップのチャンスです。求人情報を読む力を養いましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

看護師を選んだ理由

看護師を目指している人は多いと思いますが、なぜ看護師を目指すのか、そして実際に現在看護師として働いている人、かつて看護師として働いていた人はどんな理由で看護師を選んだのか、その理由の代表的なものを調べてみました。まず非常にポジティブな理由ですが、自己実現のためという理由を挙げた人が多くいました。看護師の仕事は想像よりもハードな仕事です。このハードな仕事をやる抜くことで、自分に自信が持てる、つまりやりがいがあるというのが代表的な看護師を選んだ理由の1つになります。また、現実的な意見として、就職に困らないという意見や、収入が高いという意見もありました。看護師は常に人材不足です。仕事がハードなうえ、女性が中心となる職業なので、結婚や出産、育児を理由に退職してしまう人が多いからです。ですので、資格保有者で、選り好みをしなければ、看護師として働くことはそう難しいことではないのです。また、給料も一般的な女性の給料に比べて高い傾向にあります。もちろんその裏にはハードな仕事が待っているわけですが、少なくともハードで賃金が安いということはありません。女性で若いうちにやりがいのある仕事として看護師を選び、お金を貯めるという人生設計を描いている人もいるでしょう。もちろんやりがいという点で言えば、ハードな仕事をやりぬくという自分自身の内面の問題以上に、人の役に立つ、感謝してもらえるなど、他人からの評価が高いことを理由に挙げるひとも多いでしょう。厳しい労働環境だからこそ、人に喜ばれるという点をモチベーションとして働く看護師の人も多いようですね。そして、看護師を選んだ理由として最も多かったのが、資格が取れるということ。看護師は先ほど言ったように人材不足で、就職に困ることはありません。でもそれには看護師という国家資格を保有しているからこそ。看護師という資格を持ってとりあえず将来の不安に備える。そういう意見が多くありました。

薬剤師の求人近くコンビニでも

薬剤師は病院やクリニックなどの医療機関だけでなく、調剤薬局や、ドラッグストア、スーパーマーケット内の薬売り場など、勤務する場所が幅広いのが医師や看護師と違うところです。何年か前に大手量販店のドン・キ・ホーテで夜間店舗に薬剤師を置かず、テレビ電話による応対で薬の販売が出来るよう役所に求めたということがありました。結局ドン・キ・ホーテの要望は聞き入れられなかったわけですが、一般生活者視点では、夜中に具合が悪くなった場合、病院に行くほどでもないがつらい時などは、24時間営業の店舗で薬が買えれば良いと思った人も多いことでしょう。そのような潜在的な要望に対して、大手コンビニエンスストアチェーンのファミリーマートが、大衆薬販売を開始するというニュースが飛び込んできました。参照:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080805-00000785-reu-bus_all
さて、ファミリーマートの場合は、まず2店舗で薬の販売を薬剤師を入れて行いながら、社員にノウハウを学ばせ、3年間で300店舗を目指すということです。2009年4月から、薬事法の改正によって、大衆薬であれば薬剤師ではなく、登録販売者を置くことでコンビニでも薬の販売ができるようになるのをにらんでの今回の薬販売開始ということですが、薬剤師にしてみれば、コンビニという新たな職場が増えたことは歓迎されるべきことですが、それとは裏腹にマツモトキヨシのようなドラッグストアチェーンでの薬剤師求人の減少が予想されます。なぜならば、登録販売者を置くことでこれまで店舗ごとに薬剤師の国家資格取得者を雇い、配置していたものが、必ずしも常駐させる必要がなくなったためです。そうは言ってもファミリーマート以外の大手コンビニチェーンも後追いで薬販売に乗り出すことは予想できますから、薬剤師の求人はトータルで増える傾向になるでしょう。

年収アップ可能な職種

今の年収より高い年収を目指したい。転職する際には誰でも思うことではないでしょうか?しかし現実的には勤務条件であるとかやりたい仕事であるとか職場環境などが優先され、前職と同程度であればひとまず自分を納得させている人も多いことでしょう。それでは年収アップ可能な職種とは一体どんな職種なのでしょうか。面接段階でほぼ条件面のすり合わせができていれば、年収アップを切り出したとたん企業の採用担当者の顔が曇るというケースも考えられます。ただしそこで遠慮して自分から年収アップを口にしなければ、相手のいいなりです。職種によっては強気に出てよい場合もあります。例えば慢性的な人材不足となっているIT系エンジニア職。ひとくちにIT系エンジニアといってもいろいろあります。例えば、セキュリティエンジニア、プロジェクトマネージャー、オープン系SE、汎用系SE、制御系・組込み系SE、アナログ・デジタル回路設計、化学・バイオ系 基礎研究、生産・プロセス開発、生産・製造管理、電気・電子回路設計、データベース系SE、Web系SE、Webデザイナー、サーバ/ネットワーク運用SE、ネットワークエンジニア、プログラマー、ITコンサルタント、セールスエンジニア、ERPコンサルタント、サポートエンジニア、CADエンジニア、インストラクターなどです。狭義ではエンジニアと言えない職種も含まれていますが、どれも情報技術を支える需要の高い職種であることには変りありません。このような職種でかつ専門の言語であるとか資格を保有していること、また経験年数などもアピールして年収アップを交渉してみましょう。

ちなみに私の年収が100万円以上アップしたのは、この情報を知っていたからです。


ほんの少しのことでお給料は大きく変ります。諦めないでくださいね。
スポンサードリンク