転職は年収アップのチャンスです。求人情報を読む力を養いましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

外資系企業の求人情報

日本に居ながら外資系のワーキングスタイルに憧れて、外資系の企業に転職したいという希望を持っている求職者の方もいると思います。一口に外資系企業といっても、本社がどの国なのか、また業種・業界は?そして各個別の企業によっても社風が全く異なるケースがあるため、「外資系だから」と安易な転職はおすすめできません。外資系企業に転職を考える際は、日本の企業以上に綿密な情報収集と情報分析が欠かせないのです。
では、どのような職種で外資系企業の求人があるのでしょうか?例えばある日の大手転職ポータルサイトでの求人情報を例に見てみますと、外資系企業の求人情報として、次のような職種の募集がありました。国際的保険会社のライフデザイナー(営業)、システム開発会社のSAPコンサルタント、中国系システム会社のPM、PL、BSE候補。半導体メーカーのデザインエンジニア、デベロッパーの建築確認審査員、マーケティング会社のリサーチャー、セクレタリー、MR、プラント設計、セールスエンジニア、ITエンジニア、人事・組織コンサルタント、プレゼンテーション資料DTPオペレーター、経理・・・。
外資系企業の求人でも、ITエンジニアの需要が高いことがわかりますね。主にITエンジニア、特にPG(プログラマ)は、コンピューター言語を操って仕事をするのがメインになることから、外資系でも自分のスキルが活かせる傾向にあります。ただ、おなじIT系エンジニアでもコミュニケーションがメインとなるPM(プロジェクトマネージャ)やコンサルタントでは、外国語特に英語での会話を求められる傾向が強いため、要注意です。
スポンサードリンク