転職は年収アップのチャンスです。求人情報を読む力を養いましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

金融業界の求人動向

今回は業界別求人動向シリーズの第1回として金融業界を取り上げたいと思います。金融業界と聞くと、営業か窓口か、運用かと、一般の人はその位しか思いつかないのではないでしょうか?ところがとんでもない。実に多種多様な職種が金融業界にはあり、求人も豊富にあるのです。金融業界の求人は最近特に金融系商品の勢いがあることから、非常に伸びています。もちろん他業界からの転職組も数多くご活躍されていますので、今自分にある専門スキルを金融業界に応用することができれば、使える人材として非常に重宝されることでしょう。それでは金融業界で活躍する職種を見てみましょう。
金融業界の求人で、WEBマーケティングという職業が見つかりました。最近は株やFX(外国為替証拠金取引)などを自宅のパソコンから個人が簡単にできるネットトレードが一般に普及しています。そういったネットで金融商品の売り買いをする人たちにはインターネット上のネット広告が非常に有効であるため、Webを使ったマーケティングノウハウが非常に重要な位置を占めます。そのようなことからWEBマーケティングという職種が金融業界でも重要な位置づけになっています。次に内部統制支援スタッフです。一般の人にはなじみが薄いですが、内部統制に携わる人材はJ-SOX施行に伴い急募で求人が出ているケースが多々あります。急募で募集しても応募がなかなかないため、高額の年収を提示しての募集になるケースが多く、内部統制関連のスキルをお持ちの人は、転職の際に高待遇で受け入れられるでしょう。また、債権管理・回収現場責任者も昔から需要の高い職種です。消費者金融も最近は大手都市銀行系のところが多く、安心して勤務できるところが多いので、債権管理・回収現場責任者といってもプレッシャーを最小限におさえられています。また金融系職業の花形とも言えるのが投資戦略コンサルタントやファンドマネージャーです。これら投資戦略の重要な部分を担う職業は、人材によって運用実績が大きく変動するため、転職時の基本給で弁護士、医師等と同等の給与。更に出来高成果報酬でその倍以上の報酬を得られる可能性もあります。
スポンサードリンク