転職は年収アップのチャンスです。求人情報を読む力を養いましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

転職に有利な金融系資格

金融業界で転職を考えている人は年収アップ、スキルアップのために金融系の資格取得を考えてみると良いでしょう。金融系の資格は他の分野の資格に比べて実用的で企業からの需要も高いことから、取得しておくと何かと転職に有利に働きます。具体的にどのような金融系資格があるかといいますと、金融窓口サービス技能検定、銀行業務検定試験、DCプランナー、DCアドバイザー、金融業務検定、ファイナンシャル・プランナー、証券アナリスト、アクチュアリーなどがあります。金融窓口サービス技能検定とは、銀行などの金融機関窓口での業務に求められる技能の検定試験です。広い金融知識とセールス技術が求められる金融窓口のプロとしての基準が測れます。次に銀行業務検定試験とは、銀行や保険、証券などの金融機関社員を対象にした実務、技能について習熟度を測る資格試験です。DCプランナーは、年金制度全般の専門的な知識および投資などに関する知識を備えた総合的な企業年金コンサルタントの資格です。DCアドバイザーは確定拠出年金の専門家です。確定拠出年金の実施、運営、活用などに関して様々な企業や個人事業主などにアドバイスを行います。金融業務検定試験は、主に実務にそった試験問題の出題によって金融業界で働く社会人として業務知識と実務について、基礎から応用まで広範囲に検証する検定試験です。また、FPと略されることも多いファイナンシャルプランナーは、個々人に合わせた資産を中心としたライフプランを立て、アドバイスを行う資格です。金融商品、株式、保険、不動産、税金、年金、ローンなど総合的な金融関連知識が求められます。証券アナリストは、証券投資において専門性の高い知識と金融リテラシーの基礎に裏付けられた分析技術を駆使して、主に証券の投資価値評価や投資助言などを行うプロです。アクチュアリーは、保険や年金のスペシャリストです。確率など理数系の統計知識を用いて保険や年金の設計を行います。ここで挙げたような金融系資格を持っていることで、転職は有利に進められます。是非金融系資格取得にチャレンジしてみてください。

金融系の派遣求人情報

金融系の求人は以前にも正社員転職サイトでリサーチしてご紹介しましたが、今回は金融系の派遣求人にフォーカスして調べてみました。金融系の派遣求人というと庶務や一般事務、営業事務などを想像してしまいますが、意外と多種多様な職種で派遣求人がありました。今回も大手人材派遣ポータルサイトから派遣求人をピックアップしてお届けします。派遣の求人サイトの場合、単純に検索してしまうと求人件数も膨大になる可能性があります。そこで今回はエリアを絞りました。関東地方限定で金融系の派遣求人を検索してみます。フリーキーワードに金融と入力。そして勤務地で関東を選んで検索をかけました。すると、求人件数は2727件。かなりの数の求人が登録されています。具体的に見てみると、セミナーアシスタントとしての一般事務の求人や、損害保険会社での一般事務の求人。証券外務員資格を活かせる大手銀行のコールセンターでテレマーケティングの求人。正社員への移行も可能な都市銀行関連会社での一般事務。信販会社での問い合わせ対応・資料作成。大手銀行の証券事務・金融事務。外為・貿易経験を活かせる銀行・証券系企業の金融事務。大手リース会社の事務代行会社での求人。音声系NWシステムの運用業務を行う運用管理・保守の求人。条件としてTOEIC700点以上となっています。大手カード会社でのオペレーター業務。こちらは10名の大量募集です。また信用金庫でも窓口業務の求人では、扶養内のフルタイムパートも可能。また、これら金融系の派遣社員求人は大手の企業が多いため、勤務地も丸の内や六本木、新宿など人気のエリアがほとんどです。特に六本木ヒルズや丸の内ビル(丸ビル)などのおしゃれスポットで9時〜5時で働く気ままなOL気分が味わえます。

金融業界の職種一覧

金融業界がある意味特殊な業界です。金融業界とひとくちに言っても、都市銀行、地方銀行、信託銀行などの銀行や、信用金庫、信用組合などの中小企業関係金融機関、信用農業共同組合、農林中金などの農業関係金融機関、生命保険や損害保険などの保険会社、証券会社、ノンバンク、リース業、そして政府系金融機関と、これほどまでに毛色の違う業種があります。共通するのは商品としてお金を扱っているということ。では、金融業界にはどのような職種があるのでしょうか?
例えば、企業に対して融資などのサービスを提供する法人営業職。融資以外にもIPOやM&A支援を行う場合もあります。次に個人のお客さまを対象として個人営業職。投資信託を新たに商品として企画し市場にサービスとして提供する商品開発、運用関連の仕事を行うディーラー、トレーダー、ファンドマネージャー、アクチュアリー、アナリストなど金融業界特有なものの他に、一般的な民間企業と同じように管理部門としての総務、人事、労務、広報などの職種が考えられます。最近はコンプライアンスの遵守が強く求められるため、このような管理部門がしっかりと企業を支えることが必要になってきています。
これら金融業界の求人情報に注目すると、同じ金融業界内での転職が目立ちます。しかし必ずしも銀行から銀行というわけではなく、証券会社から銀行の融資へ転職したりといった転職も多くみられます。ただし、全てにおいてお金に関する知識とスキルがあることが再就職の際採用になるポイントとなっており、このような業界のニーズに応えるために金融業界専門の人材派遣会社や転職支援サービス、人材バンクなどもあります。
スポンサードリンク