転職は年収アップのチャンスです。求人情報を読む力を養いましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

鹿児島県の求人情報

地域別の求人情報をリサーチするシリーズ、今回は鹿児島県の求人情報です。鹿児島県といえば、九州南部に位置する県。桜島や火山灰などで有名です。鹿児島県内で人口10万人以上の市町村は、鹿児島市と薩摩川内市だけです。その他の鹿屋市、枕崎市、串木野市、阿久根市、名瀬市、出水市、大口市、指宿市、加世田市、国分市、西之表市、垂水市などは人口10万人に満たないため、求人数もそれなりとなりそうです。
さて、それでは今回も大手求人サイトから鹿児島県の求人情報をリサーチしています。今回の求人サイトはロボット型検索エンジンを使用している転職求人サイトです。実際に検索してみたところ、やはりロボット型だからでしょうか、求人数1891件と他の転職サイトに比べてかなり多くの求人がピックアップされてきました。では具体的に鹿児島県にはどんな求人情報があるのかみてみましょう。まずはソフトウェア開発会社のエンジニア。SE、PGなどです。また東証一部上場企業のクルマ買取会社の店舗営業(店長候補)、大手運送会社のセールスドライバー、世界的自動車メーカーグループの機械系エンジニア、老舗ホテルのレストランスタッフ、損害保険会社のインスペクター(一般調査担当)など、比較的全国でも求人の多い職種での求人が多い印象です。そのほかに特徴的な求人はといいますと、社内ITエンジニア、移動体通信エンジニア、木造家屋の調査スタッフ、東証一部上場企業でのマイコンシステム設計技術職(C,アセンブラなどの言語を使用)。紳士服チェーンのファッションアドバイザー(店長候補)。全国展開するドラッグストアチェーンの薬剤師、カウンセリング販売スタッフ。外資系人材派遣会社による特定派遣求人、電気・電子設計技術者。全国展開するジュエリーブランドのオリジナルアクセサリー販売スタッフ。これは未経験者歓迎の求人です。ダメージカー・中古車の買取販売会社における営業(幹部候補)。大手エステティックサロンのエステティシャン。建設コンサルタント、ギネスに認定された世界一のフィットネスクラブのインストラクターなど。非常に幅広い業界・業種・職種での求人が見つかりました。

茨城県の看護師求人情報

今回は茨城県の看護師求人情報をみてみたいと思います。前回群馬県の看護師求人情報をリサーチした際には、20件以上の求人情報がありました。これは看護師専門の転職サイトでのリサーチ結果です。実はこのような看護師専門、または医療系専門の転職サイトというのは複数あります。今回は群馬県のときとは別の医療系転職サイトを使って調べてみました。
今回の医療系転職サイトは、看護師に限らず、薬剤師や臨床検査技師、MRなども同時に検索することができます。もちろん検索をするときに職種で看護師なら看護師と絞り込めば、看護師の求人のみが表示されます。今回は絞り込みを行わずに検索してみました。すると、検索結果として表示された求人情報は全部で19件でした。ただしこの転職サイトは非公開求人も多数あり、今回の検索結果には非公開求人は含まれていない公開求人のみの結果ですので、あくまで参考までに。具体的な求人情報としては、地域的には水戸市、日立市、土浦市、取手市、つくば市、ひたちなか市、筑西市といった人口10万人以上の市での求人がやはり多いようです。職種でみますと正看護師、准看護師はもちろん、CRC(治験コーディネーター)、医療機器営業職、MR(医療情報担当者)、介護事業部の営業担当、MS、コントラクトMR、医療機器営業、看護・介護職などが見つかりました。求人のなかには、院内学童保育や託児所があり、子育てしながらの勤務もしやすい病院での求人もありました。

水戸市 看護師 求人情報
日立市 看護師 求人情報

沖縄県の求人情報

都会で働く人のなかには、沖縄に憧れる人も多いようです。東京などの都心エリアや、大阪などの地方都市で働く限り得られないものが、沖縄にはあると思うからでしょう。しかし、都会での生活を捨てて沖縄に移住しようと試みた場合、最もネックになってくるのが職。つまり仕事です。沖縄に希望の職業で求人がなければ、移住しても生活することができません。まだ20代、30代の人ならば、蓄えも限られているでしょうから、その後の人生を遊んで暮らすわけにもいかないのです。
では実際沖縄県の求人動向はどうなのか?仕事はあるのか?ということについて、いつも通り大手転職サイトの求人情報をウォッチすることで、調べてみましょう。沖縄県は石垣島などの数々の離島を有していますが、人口10万人以上の市町村が3つあります。県庁所在地の那覇市、それ以外に浦添市、沖縄市の3市です。この3市以外に沖縄県には石川市、具志川市、宜野湾市、平良市、石垣市、名護市、糸満市、豊見城市が市としてありますが、どれも人口10万人に満たない状況です。実際に求人情報を見てみると、保険のアドバイザー、カウンセラーや、システム開発会社のSE(システムエンジニア)、PG(プログラマー)といった職種は他県と同様に求人があります。また外食チェーンの店長やアパレル販売店舗の販売員といった観光を産業とする地方には欠かせない職も求人案件として見つかりました。意外だったのは歩合制のセールパーソン(個人営業職)が目立っていたことです。医療装置の宣伝・集客・接客・受付・リサーチ業務を担当するキャンペーンスタッフの求人や、各地でイベント形式のプロモーションを行い家庭用医療機器を販売する販売員など。土地柄特徴的な求人としては、宮古島リゾート開発における用地仕入れの仕事で求人がありました。地元の人たちを対象とした求人ももちろんあるのですが、Uターン・Iターン希望者をターゲットにした求人案件が意外と多いように感じます。とはいえ1県で求人数50件以内というのはやはり少ないです。沖縄県で転職を考える際には良く事前の準備をしてから決めた方が良いでしょう。
スポンサードリンク