転職は年収アップのチャンスです。求人情報を読む力を養いましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

転職フェア・適職フェアのメリット

転職フェアの求職者サイドのメリットはなんでしょう?まず面接という求職者が試される形式ではなく、あくまでも求職者と求人企業が対等の立場でお互いを知り、理解するための場であるため、面接では見えない素の自分を見てもらうことができます。同様に担当者を通して求人企業の雰囲気を知ることができるため、お互いにより理解が深まるというメリットがあります。更に転職フェアのメリットを挙げると、複数企業を並列で比較することができる点が挙げられます。通常の面接では求人企業は一度に複数の応募者と面接することで、複数の求職者から自社の求める人材を選ぶことができますが、求職者は複数企業に応募している場合でも企業を一度に並列で見ることができるわけではないため、どうしても比較しづらい傾向があります。その点転職フェアでは、A社の話を聞いてすぐに別のB社の話を聞くことができるため、各企業の特色を捉えて、より自分に合った企業を選択することができます。
このような本来的な転職フェアのメリットのほかに、適職診断が受けられるコーナーが設置してあったり、キャリアカウンセラーや転職コンサルタントに相談できるコーナーがあるなど、ネットや情報誌だけでは得られない情報を得やすいというメリットがあります。また大型の転職フェアになると芸能人や作家などの著名人による講演会が開かれたり、出典企業から粗品をもらえるなどイベントとして楽しめるというメリットもあります。


※求人就職の口コミ情報は、 ranking をチェック

転職フェア・適職フェアとは

転職フェア・適職フェアとは、主に転職支援サービスを行っている企業が主催する求職者(転職を希望する人)と、求人企業(人材を求めている会社)のお見合い・マッチングイベントです。転職フェアを主催する転職支援サービス会社には「リクナビ」ブランドで業界最大手のリクルートや、「@type」ブランドのキャリアデザインセンター、「DODA(デューダ)」ブランドのインテリジェンス、「マイナビ」ブランドの毎日コミュニケーションズ、「日経キャリアNET」の日経HR、「en」ブランドのエン・ジャパンなどがあります。また東海地方では「名大社DeSu転職ナビ」の名大社による「大転職フェア」が有名です。転職フェアは主に東京、埼玉、千葉、神奈川の首都圏、および大阪、名古屋、札幌、福岡、仙台、広島などの地方都市で開催されることが多く、求職者・求人企業ともに少ない地方での開催は数が限られます。ただし、地方企業を東京など大都市圏に一同に集めて、地方への就職を希望する求職者に向けたIターン・Uターンフェアというものもあります。
更に、営業職や事務職を主体とした一般的な転職フェア以外に、職種分野別に開催される転職フェアもあります。特に最近頻繁に開催されているのがIT系企業のエンジニア職での転職希望者向けIT転職フェア(エンジニア転職フェア)です。また、人材不足が深刻な医療介護業界の企業を一同に集めて開催する医療介護転職フェアもあります。


※求人就職の口コミ情報は、 ranking をチェック
スポンサードリンク