転職は年収アップのチャンスです。求人情報を読む力を養いましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

面接での退職理由「残業が多かったので」はOK?

転職活動が、Webエントリーシートの提出を経て正式に履歴書・職務経歴書を作成し、担当者レベルとの面接まで進んだとします。そういった面接の場面で必ずといって良いほど聞かれるのが退職理由です。どうして前の会社を辞めたのか?もしくは辞めようとしているのか?非常に答えづらい質問ですね。この場合多くの求職者が正直に退職理由を答えて良いものかどうか迷うようです。もしも答えた退職理由が原因でせっかくうまくいきそうな転職が失敗するかも知れないのですから無理はありません。履歴書や職務経歴書には通常前職の退職理由までは書く必要がないので、できれば退職理由を面接のときに聞かないで欲しいと思う人も多いでしょう。もしも退職理由が会社都合の場合は、きちんと面接のときになぜ会社都合の退職なのかを説明した方が良いでしょう。それが業務縮小や業務撤退、倒産、吸収合併などの理由であれば、正々堂々とその退職理由を説明すれば良いだけです。ただし解雇に近い会社都合の場合、退職理由の言い方には注意が必要です。そのような場合は失業保険の関係などがあり、前の会社が気を利かせて会社都合としてくれたなどと答えておきましょう。また自己都合での退職の場合、基本的にはスキルアップしたかったためなどと前向きに理由を述べると良いでしょう。転職を考えたとき、誰もが前の職場よりもより良く働きたいと願っているはずですから、その気持ちを前向きな退職理由として表現すれば決して嘘にはなりません。また正直に残業が多かったためなどと答えても大丈夫かどうか心配している人もいるでしょう。本当に残業時間が退職理由になっているのなら、それは面接時に退職理由として言っても良いと思います。残業時間が理由で退職したのに、それを隠して入社し、結局転職先でも残業をすることになり、やがてまた転職を考えるようでは求職者も募集企業も双方が不幸になるだけです。面接時には自分の仕事に対する姿勢とともに、絶対に譲れない点については明確にしておく方が賢明です。もちろんこれは常識的な範囲内のことですけど。


※求人就職の口コミ情報は、 ranking をチェック

マスコミ各社への転職方法

テレビ局や出版社、新聞社などのマスコミ各社への就職に憧れる人は今も昔も沢山います。ただ、新卒で入社するのであれば、有名大学を出て更に高い倍率を勝ち抜かないといけません。マスコミ就職は狭き門の代名詞です。ただし、新卒では困難なマスコミ就職も中途入社であれば可能性があります。テレビ局、出版社、新聞社などのマスコミ各社は、ほとんど求人情報誌や求人サイトに自社の募集要項を公開していません。そのため多くの求職者はマスコミで働きたいと思いつつも「募集がないから応募できない」と思い込んでいます。実はそこが盲点です。テレビ局や出版社、新聞社などのマスコミ各社も通年ではないにしろ、何らかの事情で欠員が出たり、新しく即戦力となる人材を求めることもあるのです。
ではどのようにして人気のマスコミ各社の求人情報を入手すれば良いのでしょうか?答えは意外なところにありました。テレビ局や出版社、新聞社などのマスコミ各社は、自社媒体で募集告知をしているのです。出版社であれば雑誌編集部ごとの募集が多いため、その雑誌の巻末などに求人情報を掲載しているケースが見受けられます。新聞社であればその新聞の求人欄に、スポンサーの求人情報と並列で自社の求人情報を掲載するケースもあります。テレビ局に関してはなかなか番組内や前後のCM枠で自社の求人募集をすることはありませんが、自社のWebサイトに求人情報が掲載されているケースがあります。ただし常に掲載されているわけではないので、テレビ局に転職したい人は、毎日希望するテレビ局のWebサイトをチェックして、求人情報が掲載されていないか確かめる必要があります。この程度の努力ができない人は人気のマスコミ各社への転職は難しいと思っておいた方が良いでしょう。


※求人就職の口コミ情報は、 ranking をチェック

法人営業の年収格差

企業によって、キャリアによって年収の格差は近年ますます広がっていますが、特に法人営業での年収格差は見過ごせないレベルにまで達しています。年収200万円というのがボトムライン(最下層)だとすると、トップラインは年収1000万円アッパーとなるのはもちろんのこと、歩合給まで入れると億を稼ぐ法人営業職までいます。
ただ、最上層となる億を稼ぐ法人営業職は全体を100%とした場合、わずか0.5%程度となっており、ボリュームゾーンは400万円〜700万円のレベルに集中しています。
一口に法人営業と言っても、業種・業態によっても全く事情が異なっており、全てを同一レベルで語ることに意味はありません。あえて大きなくくりで分けるとするならば、新規顧客営業と既存顧客営業とに分けることができます。
新規顧客営業か既存顧客営業かによって、同じ法人営業でも営業スタイルが全く異なってきます。もちろん新規と既存を一人の法人営業職が受け持つこともあり、そういった場合はどちらかの比率が8、もう一方の比率が2というように、偏った比率で担当することが多いようです。
また、このような法人営業職は業種・業態のほかに、地域によっても年収に大きな差が生じます。概して地方に行くほど待遇は悪く、都会ほど年収は多くなる傾向にありますが、これは地方において最上層アッパークラスの年収を得ている法人営業職が少ないことに大きな原因があります。最下層ボトムラインの年収は、地方でも都会でも大きな差はありません。


※求人就職の口コミ情報は、 ranking をチェック
スポンサードリンク