転職は年収アップのチャンスです。求人情報を読む力を養いましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

クリエイティブ系の求人情報

デザイナーやコピーライターなどのクリエイティブ系職種も第二新卒の方などには人気です。新卒で入社する際には営業職の求人だけで、デザイナーやコピーライターなどのクリエイティブ職の求人がなかなかないため、とりあえず営業職で入社した後、同じ会社で転属願いを出すか、ダブルスクールなどでスキルを高めたり、認定資格をとるなどして会社を辞め、転職先を探すケースなどが考えられます。クリエイティブ系の求人はSE、PG、PMなどのIT系エンジニア職や医療・介護・福祉系の求人、更に営業・企画営業などの求人に比べるとどうしても求人数自体が少なくなりがちですが、全くないというわけではありませんので、粘り強く求人情報を収集するようにすると良いでしょう。
クリエイティブ系の職種としては、チラシやポスター、パンフレットの制作などを担当するグラフィックデザイナー、ホームページ・Webサイトのデザインをするウェブデザイナー、雑誌や書籍、専門誌、フリーペーパーなどの企画を立てたり、ライターやカメラマン、デザイナーなどのディレクションを行う編集、ライターや編集の記事の内容や文章、文字に間違いがないかどうかチェックする校正、雑誌やフリーペーパー、情報誌などの立ち上げ企画などを行うメディアプロデューサー、主に雑誌やフリーペーパーなどの特集で取材から記事作成までを行う取材ライター、新聞広告、ポスター、チラシ、DM、パンフレット等のキャッチコピーを考えたり、内容の文章を執筆するコピーライターなどがあります。これらのクリエイティブ系職種の求人情報は、リクナビNEXTやenジャパン、マイナビ転職、日経キャリアNET、イーキャリアなどにもあるので、各転職サイトを比較して自分の希望に合った求人を見つけたら、積極的に応募すると良いでしょう。

医療・介護・福祉系の求人情報

今プログラマーやSE、プロジェクトマネージャーなどのIT系エンジニアに次いで人材マーケットで需要が高いのが医療・介護・福祉系の求人です。医療・介護・福祉系の求人の需要が高いことは、医療・介護・福祉系専門の転職サイトや、転職エージェントが存在することからも伺えます。それでは医療・介護・福祉系の求人情報の中で具体的な職種としてどのような職種があるのか見てみましょう。
まず最初に看護・看護助手系の職種から。最も求人が多いのが看護師ですが、その他に准看護師、看護助手、助産師、保健師などの職種があります。次に歯科系の職種を見てみましょう。歯科助手、歯科衛生士、そして歯科技工士などの職種が歯科系の職種としてありました。医薬系の職種としては、薬剤師、治験コーディネーター(CRC)、販売・営業(MR、医療・介護・福祉関連)、介護系では、理学療法士(PT)・作業療法士(OT)、介護福祉士、ケアマネージャー、診療・リハビリ助手、ホームヘルパー・介護スタッフ、支援相談員・生活相談員などがあります。また、事務系やその他の職種として、医療事務の需要は高く、臨床検査技師、臨床工学士、カウンセラー・臨床心理士、診療放射線技師、眼科助手・眼科検査助手・視能訓練士(ORT)、栄養士・管理栄養士(医療・介護施設関連勤務)、きゅう師・はり師・あん摩マッサージ指圧師・柔道整復師などの職種があります。
看護師・看護助手系では、日勤のみを希望する求職者や、小児科、保育室、保育所、大学病院関連の職場の人気が高いようです。

大手企業・人気企業の求人情報の見つけ方

ハローワークはもちろんのこと、転職サイトや転職エージェント、求人情報誌や新聞の求人欄、求人案内を掲載したチラシなどでは見つけられない大手企業人気企業の求人情報というのがあります。では大手企業人気企業の求人情報はどこにあるのでしょうか?
これは以前にもこのサイトでお話しましたが、大手企業人気企業の求人情報はお金を払って転職サイトに掲載したり、転職エージェントに依頼したりする必要はありません。人気の企業であればあるほど、その企業に就職したがる人も多いわけで、企業が応募者を選べる買い手市場なわけです。とは言え、そのような人気企業大手企業でも急な欠員が出たなど人材を募集する必要性に迫られるケースもあります。その場合はどうするかというと、お金を払わずに募集できる媒体を使うわけです。求職者側としては、有名企業や人気企業大手企業がこのお金を払わずに人材を募集できる媒体を探せば、大手企業人気企業に就職できる確率が高まります。少なくとも応募のチャンスはあるわけです。
その人気企業大手企業がこのお金を払わずに人材を募集できる媒体の代表が自社ホームページです。自社のホームページ、WEBサイトに求人情報を掲載するのにお金はかかりません。だから人気企業大手企業は、欠員が出たときだけ自社のホームページに求人情報を掲載して、応募を待てば良いのです。
もしもあなたにどうしても入社したい会社があった場合は、毎日その会社のリクルート情報のページをチェックしてください。そうすることで、入社できる確率はぐっと上がります。一方、特にこれといった会社はないが、有名企業・人気企業大手企業で働きたいと思っている人はどうすれば良いでしょうか? これについてはまた後日詳しくお話したいと思います。お楽しみに。
スポンサードリンク