転職は年収アップのチャンスです。求人情報を読む力を養いましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

IT系企業の求人情報

IT系企業への転職も、マスコミ各社への転職と同じような傾向があります。例えばMicroSoft(マイクロソフト)、ソフトバンク、Yahoo!Japan(ヤフー・ジャパン)、楽天、nifty(ニフティ)、IBM(日本アイ・ビー・エム)、日本オラクル、NTT DoCoMo(NTTドコモ)、Apple(アップルコンピューター)、KDDI(ケイ・ディ・ディ・アイ)、Intel(インテル)などの企業では、求人サイトや転職エージェントも利用していますが、自社のWebサイトで募集告知をしているケースが多々あります。ただしマスコミ各社とIT系企業との違いは、マスコミ各社が買い手市場なのに対し、IT系企業は売り手市場であることでしょう。インターネットや電子家電がごく一般的になったのはここ10年程のことであり、特にネットワーク系の技術者の需要に対する供給は絶対的に少ないと言えます。しかもマイクロソフトやヤフーなどの大手IT企業以外に、それら大手がパートナーとして仕事を依頼する下請け企業、更にその下請け企業に技術者を派遣する派遣会社と労働ヒエラルキーが何層にもなっており、IT系企業の雇用形態は複雑化しています。
主にエンジニアの転職では人気のある言語を扱える者や大型プロジェクトをスムースに進行するスキルのある者の需要が高く、これらの人材は他の職種と比較しても高額の給与を貰っていることが多いのが現状です。大手IT企業のプロジェクトマネージャーやシニアコンサルタントレベルでは、年収2000万円クラスが珍しくなく、一般的に高給といわれている医者や弁護士とほとんど変わりません。


※求人就職の口コミ情報は、 ranking をチェック
スポンサードリンク