転職は年収アップのチャンスです。求人情報を読む力を養いましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

エンジニアの転職に有利な資格

人材マーケットで特に需要の高いエンジニア。当然高い年収が狙えるため、異なる業界・職種から未経験でエンジニアに転職したいという希望者も多いことでしょう。しかし、現実的に人材の流動が多い技術者・エンジニアは人を育てるという視点を持った企業は少なく、プロジェクト毎に即戦力となり得るプロフェッショナルを獲得したいという企業がほとんどです。このように高いハードルがあるものの。未経験でも可能性が皆無というわけではありません。その打開策のひとつが資格です。実務経験はなくとも資格があることによって、実務経験ありと同等の評価を得られることもあるため、未経験者の転職には資格取得が有効と言えます。
では、エンジニアの転職で有利な資格にはどのようなものがあるでしょうか?まず筆頭に挙げられるのが、基本情報技術者です。基本情報技術者とは、経済産業省認定の国家資格情報処理技術者試験の一区分で、情報システムの基礎力を証明する資格です。次に全くの未経験者では難しいですが、企業から需要の高い資格として、同じく情報処理技術者試験の一区分であるプロジェクトマネージャがあります。基本情報技術者はプログラマ、開発者現場担当者向けの資格と言えますが、プロジェクトマネージャは、システム開発プロジェクト全体を管理統括する責任者としての資質が問われる資格です。合格率は例年1桁台と非常に低く、難易度の高い資格と言えます。同様の資格に国債資格であるPMP(プロジェクト・マネジメント・プロフェッショナル)がありますが、難易度はプロジェクトマネージャの方が低く評価されがちです。
これ以外にもLPIC(Linux技術者認定)、Javaプログラミング能力認定、初級システムアドミニストレータ、Webクリエイター能力検定、ベンダー、情報セキュリティアドミニストレータ、CAD利用技術者認定、システムアナリストなどが代表的なIT系エンジニアの転職に有利な資格とされています。

エンジニアの転職―派遣という選択肢

プログラマーやSE(システムエンジニア)などのIT系エンジニアが転職を考えた場合、正社員採用の道と派遣社員や業務請負社員としての道など多種多様な働き方が考えられます。IT系エンジニアは売り手市場だと言われていますが、正社員採用だけを見るとその限りではありません。エンジニアの転職には人材派遣の存在が大きいのです。エンジニアの派遣は、通常エンジニアの人材派遣を専門で扱う派遣会社が介入することが多くあります。エンジニア専門の派遣会社は規模の大小を合わせると、都心部を中心にかなりの数があり、競争も激しくなっています。転職希望者側から見れば売り手市場なため、派遣会社を選べるのがメリットです。

例えばここ ⇒ スタッフサービス・エンジニア正社員転職

エンジニア専門の派遣会社ではなくても、大手派遣会社の中でエンジニア部門というのは独立しているケースが多く、それだけ派遣会社としても力を入れています。例えばインテリジェンスではエンジニア派遣、パソナの関連会社でIT系人材を主に扱うパソナテック、アデコのITエンジニア派遣、メイテック、テンプスタッフ・テクノロジー、リクルートITスタッフィング、スタッフサービス・エンジニアリングなどがあります。その他伝統的にIT系に強い大手メーカーの関連会社としてIT系派遣会社を運営しているところもあり、その場合は主に親会社である大手メーカーの研究開発部門に派遣されることになります。エンジニアの場合、派遣と似た雇用形態に業務請負という働き方もあります。このエンジニア派遣と業務請負の違いについては後日詳しくお話したいと思います。


※求人就職の口コミ情報は、 ranking をチェック

SE(システムエンジニア)の転職

IT系企業が人材マーケットに求職者を求める場合の職種のボリュームゾーンはSE(システムエンジニア)です。SEは一般的にプログラマーの上級職として位置づけられますが、最近ではプログラマーとSEの業務領域はかなり重なってきており、同じ業務に従事していても企業によってSEまたはプログラマーというように呼び方が変わることもあります。SEの転職マーケットでの需要は高いため、多くの場合で選択権は求職者の手に渡りますが、もちろん例外もあります。
SEの業務領域は広く、ヒアリングによる顧客の要求定義からソフトウェア、ハードウェアの設計、ソフトウェアの構築とハードウェアの調達、テスト、バグ修正、構成管理、運用管理、改善提案、プロジェクトマネジメントなどがありますが、これも企業やプロジェクトによって関わる業務範囲が異なるため、一概に語ることはできません。SEの仕事に携わるために特別な資格は必要ではありませんが、求人企業の募集要項内に特定の資格を保有することを条件として付記する場合があります。代表的なSE関連の資格としては、国家資格である技術士、情報処理技術者などがあります。また、民間資格としてはITコーディネータ、マイクロソフト認定プロフェッショナル(MCP)、オラクル認定技術者、サン・マイクロシステムズ認定技術者、PMPなどがあります。その他資格以外にも特定のプログラミング言語によるプログラム経験を応募条件として指定しているケースも見受けられます。プログラミング言語には、FORTRAN、COBOL、Pascal、C、BASIC、VBA、LISP、Prolog、LOGO、Haskell、Python、C++、JAVA、Perl、Rubyなどがあります。


※求人就職の口コミ情報は、 ranking をチェック
スポンサードリンク