転職は年収アップのチャンスです。求人情報を読む力を養いましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

50代の求人需要

50代の求人需要は決して多くありません。しかし、50代という社会人経験豊富な人材を即戦力として欲している企業もあります。主にベンチャー系の会社でマネージメント層の弱い企業などでの需要です。ベンチャー企業への転職と聞くと20代前半の野心に溢れた若者という固定観念があるかも知れませんが、そのような勢いだけで経験の伴わない人材ばかりで組織を運営していると、思わぬ落とし穴にはまる危険性があります。最近では有名なベンチャー企業が雇用問題や会計問題で暴走し、株価下落や挙句の果てに上場廃止になっているケースも枚挙にいとまがありません。
主にベンチャー企業への50代の転職は紹介かスカウト、もしくは転職エージェントによって実現します。紹介は通常の転職マーケットを介さないため、難しい面もありますが、スカウトやヘッドハンティング、転職エージェントを介した50代の転職に関しては、本人のスキルさえあれば十分実現可能です。この場合の転職エージェントは、20代、30代の一般社員を対象にした転職エージェントとは別に存在し、エグゼクティブエージェントなどと呼ばれることがあります。事前登録に審査があり、主に企業の役員クラスしか登録できない仕組みになっています。ただし、一度審査に合格し、登録ができれば、専任のコンサルタントが付き、次々と求人案件を紹介してくれるため、あなたは今の会社でスキルを磨きながら条件に合った企業を紹介されるまで待っていれば良いことになります。


※求人就職の口コミ情報は、 ranking をチェック

50代の転職

50代転職しようと思ったら、相当な覚悟が必要です。そもそも一般的な求人サイトや求人情報誌、ハローワークの求人票などにある求人案内には年齢制限が書かれているものが多く、そのほとんどが50代の応募を歓迎していないからです。50代の求人が見られるのは歩合制の営業職や販売職がメインで主にセールス部門となるでしょう。しかも法人営業よりも個人営業に多く求人がある傾向にあります。会社組織では50代ともなると管理職・マネージャーとしての能力を問われることが多く、この能力に乏しい人は企業からも歓迎されづらくなっています。
それ以外のケースで50代転職としては、特殊技能を持った人材の転職があります。例えばエンジニア系です。エンジニアの求人は数多くあるものの、人材が少なく明らかな売り手市場です。当然エンジニア系の職種では能力さえあれば年齢制限は甘くなります。特に同じ技術系でもソフトウエア系、ネットワーク系は需要が多く、例えばコンサルタント、アナリスト、プリセールス、システム開発(Web・オープン系)、システム開発(汎用機系)、システム開発(マイコン・ファームウェア・制御系)、パッケージソフト・ミドルウェア開発、ネットワーク設計・構築(LAN・Web系)、通信インフラ設計・構築(キャリア・ISP系)、運用、監視、テクニカルサポート、保守、社内情報システム、MIS、研究、特許、テクニカルマーケティング、品質管理などの職種で可能性があります。
ただしこの手の職種で能力のある人は高額でヘッドハンティングされるほどでなければそもそも高待遇での転職は考えづらい傾向にあります。ではほかに50代転職を成功させる方法はないのでしょうか?これについては後日詳しく書きたいと思います。


※求人就職の口コミ情報は、 ranking をチェック
スポンサードリンク