転職は年収アップのチャンスです。求人情報を読む力を養いましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

経験重視!50代の求人情報

50代の求人案件は、30代、40代の求人案件と比べても非常に少なく、50代の求職者は再就職活動に難しさを感じてくじけてしまいそうになっていませんか?確かに50代の求人は30代、40代の求人よりも少ないのは確かで、再就職も決して簡単ではありません。ただし、50代の経験、社会人として30年の経験を是非欲しいという企業もあります。例えば大手転職サイトでは、定期的に経験を活かす職種や、幹部候補特集などの求人特集を組んでいますが、それらの求人情報には、50代だからこそ活躍が期待される求人も数多く掲載されています。その中の少しだけですが、ここにご紹介したいと思います。まずは全国展開するピザチェーン。主な従業員はアルバイトなので、このアルバイトを統括しながら利益の出る店舗にする手腕が問われます。次にパチンコ店の店長。こちらも客商売であり、従業員はアルバイトが中心という意味でも管理能力が求められます。次に営業経験豊富な50代を求める出版系の会社。クライアントは大手企業の部長クラスのため、豊富な営業経験で懐に入るタイプの営業ができれば成績とともにお給料も上がっていきます。また、勢いのあるベンチャー企業でも営業経験豊富な50代の力を求めています。競争が激しく、短期間で結果が求められるベンチャー企業では、仕事はハードですが、その分会社を大きくしていく喜びがありますし、成長の結果は年収に正直に跳ね返ってきますので、これまでの営業経験を武器に更に高みを目指してやろうというチャレンジ精神と熱意が旺盛な50代の求職者には最適な求人といえるかもしれません。ほかにもいろいろと50代の求人はありますが、おおよそ2つに分類されます。それは、管理職・マネージャーとしての能力を求められるケースと、営業の専門家として高い成約率を求められるケースです。このどちらかの能力に自信がある50代のあなたは、チャレンジしてみてください。

50代の転職・再就職に有利な資格

50代以上の求人案件は一般の転職サイトや人材バンクでは数も限られており、書類審査や面接を経て採用、就業となるのはほんのひと握りと言わざるを得ません。一方ハローワークにある求人案件は年齢の制限が比較的緩いものが多く、興味のあるものには積極的に応募してみると良いでしょう。ただし50歳以上の募集があるといっても求人票上の建前であることもあるため、求人票は慎重にチェックしてください。少しでも求人票の記述や文面にいい加減な雰囲気があるものは、応募を見送っても良いでしょう。逆に誠実な文体で必要なことを詳しく書いてある求人票の企業には期待して良いと思います。
さて、50代以上の転職・再就職の場合、何かひとつはアピールできるものが欲しいところです。もちろんこれまでの社会人としての経験は大きな武器ですが、何か目に見える実績や成果が示せればそれに越したことはありません。このような実績がない場合は、持っている資格で合否が決まることもあります。例えばハローワークの求人票を見てみると、必要な資格の欄に次のような記述が見られました。普通自動車免許。これは特に営業職など外まわりの仕事が多い職種ではほぼ必須と考えてください。次に1、2級土木施工管理、測量士資格、建築施工管理、1、2級の建築士、電気工事士、冷凍機第3種、危険物乙種4類、ボイラー2級、宅地建物取引主任者などの建築、土木、電気、機械、設備、そして不動産関連の資格が特に目立ちました。そのほか介護福祉士、ホームヘルパー1級、ホームヘルパー2級、ケアマネジャー、看護師、臨床検査技師といった医療・介護関連の資格、更に英検、TOEICといった語学系の試験得点数、また事務系では簿記、税理士科目一部合格1科目などの条件が明示されているものも。開発系では資格というよりも開発言語の実務経験が問われます。Java、
UNIX環境、C++、Perl、PHPなどです。
資格があれば50代でも転職・再就職が必ず成功するというわけではありませんが、少なくとも何もない人よりは応募する際の選択肢は広がります。今の会社を辞める前に資格取得を進めても良いでしょう。

50代歓迎!ヘッドハンティング&サーチファーム

一般的に50代の転職は歓迎されないと以前書きましたが、例外としてのヘッドハンティングの可能性については少しだけしか触れていませんでした。実は一般的な20代、30代をボリュームゾーンとする転職サイトや転職エージェント、人材サービスとは全く異なるジャンルとして、事業部長以上を対象とした経営幹部層向け転職人材サービスというのが存在します。これらのヘッドハンティング会社やサーチファーム、エグゼクティブエージェントといわれる会社はマス広告を打つことがほとんどないため、ほとんどの人は知りません。たまに経営者層をターゲットとした経済誌の広告などで見かける程度です。ではこれらのエグゼクティブ層を対象としたエージェントはどのように集客を図っているのかと言いますと、主に口コミ。そしてインターネット広告による集客です。ネット広告の中でもGoogoleアドワーズとオーバーチュアのスポンサードサーチ、つまりPPC広告、リスティング広告と呼ばれるネット広告を利用して集客を図っています。ではこれらのヘッドハンティング会社、サーチファーム、エグゼクティブエージェントにはどのような会社があるのでしょうか?
まずクライス&カンパニー、レイス株式会社、ハンティングリスト、サーチファームジャパン、イーストウエスト、セブンシーズ、エイチ・アール・エイトラスト、テスコ、タオワークス、アイル・アソシエイツ、縄文アソシエイツ、エグゼクティブ・サーチ・パートナーズ、サイトフライト、トランサーチインターナショナル、Optia Partners、サクセス21、コンフィア、キャリアVテクノロジー・コーポレーション、パルソンコンサルティング、スタントンチェイスインターナショナル、キャリアウォーズ、グローバルブレーン、ヘッズジャパン、シグニアム インターナショナル、ユアパートナーズ、ドゥーイング・ジャパン、リクルートエグゼクティブエージェントなど。
これらのヘッドハンティング、サーチファーム、エグゼクティブエージェントは、外資系専門、IT系専門など得意な分野に特化したものが多く、それゆえにどのヘッドハンティング会社、サーチファーム会社、エージェントに自らの今後を託すべきか、慎重なリサーチが必要だと言えるでしょう。
スポンサードリンク