転職は年収アップのチャンスです。求人情報を読む力を養いましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

女性の転職に有利な資格

男性の転職と女性の転職を年齢を考慮せずに単純に比較した場合、やはり男性の転職の方が有利なのは否めません。ただ、女性特有の気配りなどやあたりの柔らかさなどが重宝される職種もあります。例えば接客販売の仕事です。販売する商品にもよりますが、男性よりも女性の方がお客さまに対して与える心理的プレッシャーが少ないため、接客販売の仕事では女性の活躍が目立ちます。それ以外ではあまり体力が必要とされない事務系の仕事などでも女性が重宝される傾向にあります。
転職を考える女性の立場に立てば、それでも男性と比較された場合に女性特有の結婚、出産、育児などを理由とする勤怠の不安定要素があることから、何かこれといった売りが欲しいと思うことでしょう。そのような理由で、20代後半から30代、40代の女性に資格取得を志す女性が増えています。女性が取得して転職に有利に働く資格には、簿記検定、秘書検定、宅地建物取引主任者、証券アナリスト、ファイナンシャル・プランナーなどがあります。そのほかに接客販売系の資格として販売士、DIYアドバイザー、シューフィッターというような資格も人気があります。女性に限りませんが、人気の資格として前出の簿記以外に、MBA、CPA、TOEIC、中小企業診断士などが挙げられます。ただし人気の資格だからといってすぐに転職に有利に働くわけではないので注意が必要です。前述の簿記であれば日商簿記の1級を取得していれば、経理・会計関連の事務職採用であれば企業の評価は高い傾向にあります。また、TOEICなども事務職である程度の職務経験があったうえで高得点なら求人の選択肢が広がります。外資系や外資系の企業と取引のある会社などでは特に評価される傾向が強くあります。


※求人就職の口コミ情報は、 ranking をチェック

女性の求人情報チェックポイント

男性であろうが女性であろうが、求人情報をチェックするときのポイントというのは大きく変わりません。ただし特に女性が見るべき求人情報の項目というのがあります。それは主に福利厚生の部分に顕著に現れます。女性であれば気になるのが産休や育児休暇がちゃんと明記されているかどうか、また生理休暇やフレックス制度の導入によってそれに代わる制度があるかどうかはまずチェックしておきましょう。企業の人事担当者が女性であれば女性社員の状況もある程度把握してもらえるかも知れませんが、意外と男性の人事担当者はこの産休や育休については意識していても生理休暇までは意識が低いことが多いからです。逆に言えば生理休暇まできちんと明記してある会社は女性が働く環境に気を配っている会社と言えるでしょう。また、小さな子供のいる女性が転職を考えるときは、子供をどこに預けるか事前によく家族と相談しておく必要があります。例えば両親と同居しているのならば、両親の協力が得られるのかどうか、また両親とは別に暮らしている場合、保育園に預けるのか、預けた場合何時まで預けられるのか、転職した会社の就業時間や残業時間によって預けられない場合も出てきますから、この部分は非常に重要なポイントです。もちろんご主人の積極的な協力が得られる場合は、ご主人次第の部分がありますが、一般的に日本の男性はまだまだ育児と仕事の両立ができていないケースが多いため、十分な協力を得られないことも多いでしょう。
そういったケースでは、託児所を備え付けている企業などが転職先を決める上での決定要因になることも多いでしょう。ただし託児所の受け入れ条件なども各企業で様々なため、この点においても事前に転職希望する会社の人事担当者などに良く話を聞いておくことをおすすめします。


※求人就職の口コミ情報は、 ranking をチェック

女性の転職

一般的に男性の転職と比べると女性の転職にはいくつかの障害があります。法律的には男女雇用機会均等法の名のもと、雇用に関する性差別はあってはいけないことになっていますが、現実はそれほど甘くないようです。女性が正社員として転職する場合、どこで転職先の企業を探すかというと、通常は男性のそれと大差ありません。具体的には転職サイト、転職情報誌、転職エージェント、新聞・雑誌などの求人欄、そしてハローワークなどです。ただし最近では特に女性の転職の心強い味方として人材紹介会社、転職エージェントが注目されています。転職エージェントには男性の求職者も多く登録していますが、女性の場合は派遣会社を母体とする転職エージェントへの登録率が高いようです。これは派遣会社に登録している男女比とほぼ正比例します。女性の場合は正社員採用が男性に比べて不利な代わりに、その受け皿としての派遣への登録数が男性よりも多い傾向にあります。もちろん派遣会社に登録して派遣社員として働くことにもメリットがあり、正社員と比べてデメリットばかりだとは言えませんが、女性の中に正社員として働くことにこだわりのある人もいるため、そのようなケースでは女性にとって心理的ハードルの低い派遣会社系列の転職エージェントに登録することで、正社員としての転職を目指すことになります。
女性が登録しやすい派遣会社を母体として転職エージェントには、パソナ、アデコ、アヴァンティスタッフ、テンプスタッフなどがあります。またこのように派遣会社を母体とする人材紹介会社、転職エージェントには女性のキャリアアドバイザーや転職コンサルタントが比較的多く、同姓として女性の転職相談に応じることができるため、こういった点も女性の転職希望者の心理的ハードルを下げる原因のひとつになっているようです。


※求人就職の口コミ情報は、 ranking をチェック
スポンサードリンク