転職は年収アップのチャンスです。求人情報を読む力を養いましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

女性の転職【社会福祉士】

福祉系の職種の1つに社会福祉士があります。福祉・介護の仕事は男性よりも女性が多く、社会福祉士も女性が活躍できる職業です。社会福祉士はソーシャルワーカーと訳されることがありますが、厳密に言うと広義の社会福祉士のような仕事に従事している人がソーシャルワーカーで、社会福祉士はソーシャルワーカーの中でも国家資格を取得した人のことを指します。女性に社会福祉士が多いのは女性の思いやりやきめ細かい配慮、気遣いができるといった資質が社会福祉士に向いているからです。主な仕事内容としては、身体上または精神上の障害がある人や、環境上の理由で日常生活をおくるのに支障がある人の福祉に関する相談にのり、助言、指導その他の援助を行います。社会福祉士になるには国家試験を受ける必要がありますが、受験資格は福祉系4年制大学卒業者(指定科目履修)、社会福祉士指定養成施設卒業者、福祉事務所の査察指導員等で5年以上実務経験のある者等です。ちなみに一部の大学では通信教育で社会福祉士の資格が取得可能な大学もあります。社会福祉士になった後は地域包括支援センターなどで働くことになりますが、社会福祉士の業務を実践する場は限られており、今後の課題となっています。社会福祉士の実情としては、本来業務である相談業務とは別に介護福祉士と同様の仕事をする場合も多く、介護福祉士の人材不足を社会福祉士で補っているというのが現実です。


※求人就職の口コミ情報は、 ranking をチェック

女性の転職【歯科衛生士】

ダントツに男性よりも女性が多い職業として歯科衛生士が挙げられます。歯科衛生士は、単純な歯科医師のサポート業務をするのが仕事ではなく、虫歯や歯周病など歯に関連するトラブルを予防するのが主な仕事です。歯科衛生士は国家資格であり、資格を取得しないと歯科衛生士にはなれないため、一度歯科衛生士の資格をとってしまえば、同じ歯科衛生士として転職しやすい仕事だと言えます。歯科衛生士に女性が圧倒的に多いのには理由があります。実は歯科衛生士は以前は歯科衛生士法により女性しか取得できない資格でした。その後歯科衛生士法附則第2項によって男性も歯科衛生士の資格を取得できることになったのです。このような経緯から現在でも歯科衛生士といえば女性が多いのです。歯科衛生士は転職に有利な資格ではありますが、国家資格だけあってその取得過程は容易ではありません。通常は歯科衛生士を養成する専門学校や短期大学に入学し、所定の単位を修得しなければなりません。つまり実務経験こそ不要ですが、簡単に歯科衛生士になれるというわけではないのです。
東京、神奈川、千葉、埼玉などの首都圏や大阪、札幌、名古屋、仙台、広島、福岡など人口の多い地方都市では、歯科衛生士の需要は高く、転職の成功率も高くなります。歯科衛生士が人気の秘密は、看護士と比べた場合に夜勤がなく、勤務時間が比較的規則正しい点にありますが、看護士と比べて職業に対する使命感に乏しいためか、結婚を機に退職してしまい、そのまま復職しないケースも多々あります。寿退社による離職率が高いおかげで、人口の多い都市での歯科衛生士の需要は高止まりを見せており、これが女性の転職に有利な資格と言われるゆえんでもあります。


※求人就職の口コミ情報は、 ranking をチェック

女性の転職【介護福祉士】

細かな気配りが必要とされる職種においては、男性よりも女性の方が求められることも少なくありません。例えば介護福祉士。高齢化社会が進む中で注目度が高くなっている介護の仕事に直結するのがこの介護福祉士です。介護福祉士はケアワーカーとも呼ばれ、身体や精神に何らかの障害がある人をサポートするのが仕事。介護福祉士は国家資格のため、転職を念頭においてこの資格を取得する女性も多くいます。介護福祉士とよく比較される職業に看護士がありますが、その社会的待遇においては介護福祉士と看護士の間に大きな差があるのが現実です。介護福祉士の仕事は障害者等の食事、入浴、排泄などの介護業務といわゆる家事(調理、洗濯、掃除など)の双方があるため、非常に重労働となっています。そのため社会的な存在意義に魅力を感じて転職したものの、その激務に耐えかねて職を離れる人が多いのも事実です。ただし、肉体的に健康であればやりがいのある仕事であり、人手が不足している仕事でもあるため、転職の際に職に困ることはありません。今後介護の仕事に対する社会的な要求が更に高まって、介護福祉士に対する評価も高くなれば、日本全国どこでも働ける点などメリットもあるので、人気の職業となるかも知れません。また介護福祉士の資格を取得した後に育児等で一時的に職を離れることになっても、再登録の必要がないため、再就職しやすい点もメリットに挙げられます。介護福祉士にはキャリアアップのステップが用意されているのも魅力です。5年以上介護福祉士として働くと、要介護認定に関する仕事に従事できるケアマネージャーの資格をとることもできます。介護の仕事にやりがいを感じる女性であれば、ケアマネージャーに挑戦するのも良いかと思います。


※求人就職の口コミ情報は、 ranking をチェック
スポンサードリンク