転職は年収アップのチャンスです。求人情報を読む力を養いましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

転職スカウトサービス

転職サイトの多くでスカウトサービスというものを実装しています。今回はそのスカウトサービスの話です。転職サイトは登録しなくてもどのような求人があるのか調べることはできますが、登録しないと利用できない便利なサービスも数多くあります。そのひとつがこのスカウトサービスです。求職者と求人企業をマッチングする転職サイトにおいて、スカウトサービスは転職エージェントと似たようなサービスが受けられる機能です。転職を希望する求職者は転職サイトに登録する際にエントリーシートの提出を求められます。ただし新規登録時のエントリーシートは必要事項のみの比較的簡単なものであるのに対し、スカウトサービスを受けようとする場合は、より詳細について記入した履歴書、職務経歴書が必要になります。この履歴書、職務経歴書が自らをアピールするツールとなるわけですから、出来る限り詳しく記入する必要があります。
スカウトサービスは転職サイトに登録している求職者が、自分の履歴書・職務経歴書をサイト会員企業に対して公開し、求人企業が公開された履歴書・職務経歴書から希望の条件に合致する会員(転職希望者)に対してスカウトメールを出すことが出来ます。このスカウトサービスを使うことにより、転職希望者は自分の経歴に興味をもってくれる企業と出会うことができますし、企業も応募を待つという受身の姿勢だけでなく、スカウトという攻めの姿勢で求める人材獲得に動けるというメリットがあります。


※求人就職の口コミ情報は、 ranking をチェック

転職エージェントのメリット 1

転職サイトではなく転職エージェントを活用するメリットにはどのようなものがあるでしょう?
一般的に転職エージェントには転職サイトにない企業の求人案件があります。匿名求人といわれているものです。では、企業が求人案件をオープンにしないで人材募集をするのはなぜでしょうか。ひとつにはライバル企業に隠しておきたいプロジェクトが進行している場合などがあります。求人情報で、募集理由を新規プロジェクト立ち上げによる人材募集などと記載し、求める人物像やスキルなどに資格や適正などを記載して誰でも閲覧できるように公開してあったとしたら、ライバル企業はおおよそその企業がどんな新規プロジェクトに乗り出そうとしているのか察知することができてしまいます。このようなリスクを回避するために転職サイトではなく転職エージェントに優秀な人材の紹介を依頼するというケースです。
それ以外にも求人案件事態が流動的であるというケースもあります。人材を求める企業が転職エージェントに紹介依頼をかける場合、実は明確な求人案件がない場合があります。募集企業側としては「良い人がいれば」というスタンスでの募集です。企業側から見た場合、転職エージェントを活用した人材募集は成果報酬となるため、良い人が見つかるまでは無料で依頼できるというメリットがあります。この仕組みを利用して常に依頼をかけつつ急募の場合だけ転職サイトでの求人を併用するという使い方をする場合があります。ただしこのような転職エージェントの利用方法は対エージェント、対求職者ともに倫理的に考えて問題があるため、公に語られることは多くありません。


※求人就職の口コミ情報は、 ranking をチェック

転職エージェント活用方法

転職を考えたときにどうやって転職先を探せば良いのでしょうか。現在はユーザー(転職希望者)自ら求人情報を掲載しているポータルサイトから人材募集をしている企業を探して応募するというケースが一般的でしょう。一方最近伸びてきているのが転職エージェントを使った転職方法です。転職エージェントとは、人材を欲している企業と、転職したいユーザーをマッチングする会社。主な転職エージェントとして、リクルートエージェントやマイナビ転職エージェント、パソナキャリア、ディップエージェント、@typeの人材紹介などがあります。またマスコミ業界、クリエイター系に強いマスメディアンなど特定の業界や職種に強みを持った転職エージェントも数多くあり、登録する際の見極めが肝心です。

▼おすすめの転職エージェント
転職サポートならtypeの人材紹介

転職エージェントを介して転職活動をする場合の手順としては、まず転職エージェントのコンサルティング(面談)を受ける場合がほとんどです。エージェントの担当者(キャリアアドバイザー)に自分がこれまで携わってきた仕事や持っているスキル、またこれから何がやりたいかなど履歴書・職務経歴書を挟んで細かく話し合います。これによって転職エージェントのキャリアアドバイザーは求職者の志向にマッチした求人企業を探し、紹介することになります。
転職エージェントによって企業から寄せられている求人案件数や案件の特徴も様々ですし、担当するキャリアアドバイザーによっても紹介される案件が変わってくるため、事前に十分な情報収集が欠かせません。しかし、なかなか転職エージェントやその担当者の情報を調べるのは困難で、現実的には友人・知人の口コミなどで、どこがいいかといった評判を聞き、実際に自分の足で出向いてコンサルを受けた上で判断するしかないようです。
スポンサードリンク