転職は年収アップのチャンスです。求人情報を読む力を養いましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

ハローワークに総理が視察に行ったそうです

麻生総理がハローワーク(公共職業安定所)に視察に行ったという記事を読みました。雇用に関する政府政策が現場できちんと実施されているかということらしいですが、どちらかというとパフォーマンス的な要素が強いでしょう。現場に実際の雇用情勢について話を聞くのは悪いことではないと思います。上から目線では決して実感できないこともあるということです。今回の視察で求人は少なくなり、求職は増えているということを目の当たりにしたようで、その点だけでも視察に出かけた意義はあったのではないでしょうか。ところで、かくいう麻生総理も最近は旗色が日に日に悪くなっているようです。では、誰が総理になれば、現在の危機的状況からいち早く抜け出せるのかというと、誰がやっても多分同じだろうという気がしています。先日田原総一郎氏のコラムを読んだのですが、そこには根本的な現在の資本主義社会の矛盾について語られていました。別に資本主義が絶対悪であるというつもりはありません。元々そんな大きな枠組みで働く環境の話を始めても、抽象的過ぎて実感がわかないのです。ボクらは生まれたときから資本主義の世の中に生きているわけですから、ことさらそれについて、良いとか悪いとか思ったことも考えたこともないわけです。もちろん一部の人間は除いてという意味ですけど。では、資本主義社会であるというのが大前提としてあった場合、その枠組みの中でいかに多くの人が自分の生きがいややりがいを持ちつつ働けるかというのが問題なわけです。例えば正社員と派遣社員で全く同じ仕事をしているのに、給料は半分というのは良く聞く話です。では正社員と派遣社員で何が違うのか、どこが違うから給料が半分なのかというのを明確にしないといけないと思うのです。派遣社員は正社員と比べて、こういうメリットがある。だから正社員よりはお給料が少し下がるけども他の部分で自分の希望が通っているのだから、良いことにしましょう。というのなら話はわからないでもありません。でも、実際には正社員と比べた場合の派遣社員のメリットがごくわずかか、もしくはない、もしくは正社員のメリットだけという状況なのではないでしょうか。特に製造現場での派遣については上記のような傾向が強いと思います。
スポンサードリンク