転職は年収アップのチャンスです。求人情報を読む力を養いましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

2010年度新卒採用の就職戦線は超厳しい

人材系企業のリサーチ結果がネットニュースに掲載されていました。参照:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081208-00000009-oric-ent
これによると、現在就職活動中の2010年度新卒学生は、今自分が置かれている立場を「非常に厳しい」(42.6%)「やや厳しい」(56.2%)と捉えていることが分かります。合わせて98.8%、これは異常な事態です。それと比較して、昨年同時期の2009年度新卒学生(今の大学4年生)は、「やや楽」「非常に楽」という“就活楽観派”が46.7%だったそうです。この落差はすごいですね。たった1年、人によっては浪人したり、留年したりして、同級生よりも卒業が1年遅れただけで、自分の一生が変ってしまうなんて…。しかしこの考え方は必ずしも正しくありません。その証拠にバブル期入社と、バブル崩壊後に入社した人では、バブル期入社が「使えない」というレッテルを貼られ、社内のお荷物と化していました。自分の能力に見合わず、社会の需給バランスによって不釣合いな企業に就職しても、後から自分が大変な思いをするだけです。つまり就職活動の時期に大変な思いをするか、入社してから大変な思いをするか、その違いだけなんです。そして、入社後に大変な思いをする方がよっぽどしんどいだろうと個人的には思います。ですから、今現在就職活動中の学生はこれは自分を磨く好機だと前向きにとらえることをおすすめします。厳しいという覚悟をもって就職活動にのぞめば、自分の自己分析や志望企業の分析なども慎重にすることになります。つまりこういう事前の取組みができていると入社後のミスマッチもなくなり、企業側にも学生側にもハッピーな就職活動になりやすいのです。だから、厳しいからこそ諦めずに、とことん就職活動して欲しいと思います。そして、もしも就職浪人するようなことがあってもへこんではいけません。長い人生の中でたった1年なんて、どうやったって埋めることはできるのですから。
スポンサードリンク