転職は年収アップのチャンスです。求人情報を読む力を養いましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

有効求人倍率と完全失業率

この不景気の中、完全失業率が低下したと聞いたので、どういうことだと思ったら、この記事の中にその答えがありました。
参照:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081129-00000033-san-bus_all
つまり、職探し自体を諦めたために、一見失業率が改善したかに見えるだけだということですね。言ってみれば最悪の状況ということです。完全失業率という今回の数値と対照的に見られる数字が有効求人倍率です。有効求人倍率は、求職者一人に対する求人数を示すため、この数値が高ければ高いほど売り手市場になっていると判断できます。しかし、こちらの数字も低下。数字だけ見比べれば、失業率が減って、求人倍率も減るというちぐはぐな状況なわけですが、これはつまり、完全失業率のところで前述した「諦め組」の発生による見せ掛けだけの改善だからですね。一人あたりの求人数が減っている以上、失業率はともかく、失業者はどんどん増えると思います。2009年はかなりの氷河期と言えるでしょう。円高はもうしばらく続きそうですし、アメリカの経済状況もカンタンに復活は見込めない。とすれば、特に輸出産業での失業者数は今後も増えるでしょうし、あまり良い要素は見られません。今後世界経済とリンクしながら、日本の経済はどうなってしまうのか。そして労働者の雇用や賃金、生活の確保はかなえられるのか。かなり絶望的な予感におそわれつつも、ではどうすれば良いのかという代替案が見出せないままにいます。現在新卒採用の時期で、学生にとってみれば就職活動真っ盛りなわけですが、バブル崩壊期の就職氷河期の場合は、いくらか想像できたネガティブな状況が、今年に限ってはかなり急激に進展しており、もう1年早く生まれていればと思った人も多いでしょうね。でも、こんな時期だからこそ自分の内面への問いかけを繰り返し、社会に飛び立つ準備を着々と進めていって欲しいと思います。
スポンサードリンク