転職は年収アップのチャンスです。求人情報を読む力を養いましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

派遣社員大量解雇というしわ寄せ

とうとう来たかという印象です。いすゞ自動車で派遣社員や期間従業員合計約1400人を解雇することになったそうです。
参照:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081120-00000057-san-ind
でもこれは驚くべき事態ではありません。当然予想できた状況なのです。派遣社員を雇用する企業自体の業績が悪化すれば、真っ先に切られるのは派遣社員。これは当の派遣社員本人たちもうすうす感づいていたことでしょう。特に製造業の工場では主に派遣社員が活躍しているため、特に最近の自動車産業の衰退ぶりを見て、ビクビクしていた人も多いのではないでしょうか。今回のいすゞ自動車のような製造業(メーカー)が地方に大型の工場を設置し、地元地域の雇用を確保するというのは、決して悪い話ではありません。いえ、逆に地方にとっては数多くの会社の工場を何とか誘致して、雇用を創出しようと躍起になっている感さえあります。しかし、このような1つの工場で1000人規模の雇用を創出しているケースだと、その工場が閉鎖などになった場合は、まるまる地元の雇用1000人規模が失われるわけです。良いときは良いですが、悪くなるとそのしわ寄せもまた大きいということでしょう。一方都心での雇用は厳しくなったとはいえ、地方のそれとは比べ物になりません。個人的にはこれだけインターネット環境が整備されている現代は、ホワイトカラーこそ地元、自宅で仕事を行い、インターネットを通じて他の社員たちと遠距離でのコミュニケーションをするというようなワークスタイルが広まって良いと思っています。それがまだまだ広まっていないというのは、ITの恩恵を半分しか受けていないのと同じです。早くその点に気づき、社会全体のワークスタイルを変革しなければ、ますます首都圏と地方との格差は広がるばかりでしょう。
スポンサードリンク