転職は年収アップのチャンスです。求人情報を読む力を養いましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

就職戦線厳しそうですね

大学3年生と大学院生を対象として毎日コミュニケーションズのアンケート調査の結果が発表されました。
参照:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081113-00000014-jij-soci
それによると、今年から来年にかけての就職活動は「厳しくなる」と考えている就活生が9割だそうです。最近の学生はニュースや新聞をあまり見ないといわれていますが、やはり自分たちのことですから、世の中の動きは気になるのでしょう。実際に大学のキャリアセンターなどに言ってもかなり厳しいことを言われているようで、身を引き締めて頑張らないと足元をすくわれると思っている学生も多いようです。確かにこれだけ景気後退だ、不景気だと言われ、破綻する上場企業のニュースを毎日耳にしていれば、決して人事では済まされません。この記事の中にある応募した会社の平均約30社。今の時代ひとり30社は応募しないとアベレージにならないのです。これはよほど厳しい状況。もちろん就職活動に向けてさまざまな対策をとることは可能です。それはテクニック的なことから人脈というあるいみ裏技的な方法までいくらでも考えられます。しかし、問題は自分の意識。そして社会人になることを想定して志望する会社と自分の両方にメリットがあるようなWinWinの考え方ができるのかどうかにかかっているような気がします。特にこのように厳しい状況になると、一部の大手や有名企業では学歴による足切りもありそう。そうなると一部の上位校以外の学生たちは、勝負できる土俵が少なくなるわけですから、その少ない土俵でいかにして勝ち上がるのかというさまざまな戦略も必要になってくるということです。自分が入社後に志望する会社にとってどんな貢献ができるのか、自分がその会社だとどのような力を発揮できるのか、そういった視点で就職活動を進めていって欲しいと思います。
スポンサードリンク