転職は年収アップのチャンスです。求人情報を読む力を養いましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

看護師を選んだ理由

看護師を目指している人は多いと思いますが、なぜ看護師を目指すのか、そして実際に現在看護師として働いている人、かつて看護師として働いていた人はどんな理由で看護師を選んだのか、その理由の代表的なものを調べてみました。まず非常にポジティブな理由ですが、自己実現のためという理由を挙げた人が多くいました。看護師の仕事は想像よりもハードな仕事です。このハードな仕事をやる抜くことで、自分に自信が持てる、つまりやりがいがあるというのが代表的な看護師を選んだ理由の1つになります。また、現実的な意見として、就職に困らないという意見や、収入が高いという意見もありました。看護師は常に人材不足です。仕事がハードなうえ、女性が中心となる職業なので、結婚や出産、育児を理由に退職してしまう人が多いからです。ですので、資格保有者で、選り好みをしなければ、看護師として働くことはそう難しいことではないのです。また、給料も一般的な女性の給料に比べて高い傾向にあります。もちろんその裏にはハードな仕事が待っているわけですが、少なくともハードで賃金が安いということはありません。女性で若いうちにやりがいのある仕事として看護師を選び、お金を貯めるという人生設計を描いている人もいるでしょう。もちろんやりがいという点で言えば、ハードな仕事をやりぬくという自分自身の内面の問題以上に、人の役に立つ、感謝してもらえるなど、他人からの評価が高いことを理由に挙げるひとも多いでしょう。厳しい労働環境だからこそ、人に喜ばれるという点をモチベーションとして働く看護師の人も多いようですね。そして、看護師を選んだ理由として最も多かったのが、資格が取れるということ。看護師は先ほど言ったように人材不足で、就職に困ることはありません。でもそれには看護師という国家資格を保有しているからこそ。看護師という資格を持ってとりあえず将来の不安に備える。そういう意見が多くありました。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/18104164

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク