転職は年収アップのチャンスです。求人情報を読む力を養いましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

外資系企業が求めるIT系エンジニア

外資系企業でもIT系エンジニアの需要は非常に高く、国内に本社を持つ日本の大手企業とともに優秀なエンジニアの人材確保に動いています。外資系とひとくちにいっても、様々な国に本社がある企業がひしめいています。例えばアメリカ、ヨーロッパはイギリス、フランス、ドイツ、イタリア、スイス。そして忘れてはならないのが、最近IT系企業の躍進がすさまじいアジア圏の企業。具体的には韓国、台湾、そして中国、インドなどです。マイクロソフトやアップル、サンマイクロシステムズ、IBMだけでなく、サムスン電子やLG電子、エイサー、レノボ・・・これら外資系のIT企業が、日本支社で活躍する優秀なIT系エンジニアを募集しています。ひとくちにIT系エンジニアといっても詳細に分類すれば多くの職種があり、それは求人募集する外資系企業の事業や戦略によって変ります。例えば、PG(プログラマー)、SE(システムエンジニア)、PM(プロジェクトマネージャー)、コンサルタントなど、大まかな分類に加え、上級やシニアという名称が追加されたり、また分野によっても細かく分かれます。電子・機械系、組込み系、Webオープン系、ネットワークエンジニア、機械設計エンジニア、サーバーエンジニア、ITアーキテクト、アプリケーションエンジニア、カスタマエンジニア、セールスエンジニア、システムアドミニストレーター、テクニカルエンジニアの中でもエンベデッドシステム、システム管理、情報セキュリティなど専門分野によって分かれます。また、運用管理・保守、ユーザーサポート・ヘルプデスク、インストラクター(OA・ビジネス)、研究開発、テスト・評価、CAD設計・オペレーターなど、本当に多種多様。応募の際は自分が持っているスキルを活かせる企業を是非見極めてほしいものです。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17304348

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク