転職は年収アップのチャンスです。求人情報を読む力を養いましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

転職フェア・適職フェア 夏休み中開催

7月、8月といった社会人にとって長期休暇がとりやすい時期には、人材事業に取組んでいる各社主催の転職フェア・適職フェアの開催が増えます。転職フェア・適職フェアはそのフェアを主催する企業によって就転職フェアや、転職フェスティバル、天職フェアなどと呼ばれることがあります。就転職フェアに関しては社会人の転職人材向けのものと大学4年生の新卒就職人材向けのものを合同で行うこともありますが、基本的には社会人向けのものが転職フェアです。これら転職フェア・適職フェアを主催するのはリクルートのように総合人材事業に取組んでいる企業や専属でHR事業に取組むエンジャパンやインテリジェンスのような企業もありますし、新聞社を母体とするマイコミ(毎日コミュニケーション)や、日経、また地方に行けば静岡新聞や神戸新聞、名大社などの地元媒体を牛耳っている会社が主催で開催・運営しているケースが目立ちます。また、最近の転職フェア・適職フェアの傾向として、IT系エンジニアや看護師、医師、薬剤師、社会福祉士など専門職に特化した職種別または業界別の転職フェア・適職フェアです。職種や業界に特化して開催することで、参加企業は自社への応募意欲の高い人材に直接アプローチできますし、参加する求職者も無駄に混むブースに寄り道することもなく、スムーズに興味のある企業の採用担当者の話を聞くことができるわけですから、メリットも多くなります。このような職種や業界に特化した転職フェア・適職フェアの場合、リスクを負うのは主催する人材系企業となります。営業できる企業の業界が限られるため、全体として小規模な開催にならざるをえず、それだけ予算(売上げ)も限られてくるからですが、現在人材不足の激しいIT系エンジニア向けの転職フェア・適職フェアなどの場合は参加意欲の高い企業とより良い条件を求めて転職を希望する求職者の利害が合致しているため、それなりに規模が大きくなることもあります。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17247869

この記事へのトラックバック

関連する記事を集めています
Excerpt: 関連する記事を集めています
Weblog: エルセーヌMEN 口コミ集7
Tracked: 2009-03-31 23:47
スポンサードリンク