転職は年収アップのチャンスです。求人情報を読む力を養いましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

年収アップ可能な職種

今の年収より高い年収を目指したい。転職する際には誰でも思うことではないでしょうか?しかし現実的には勤務条件であるとかやりたい仕事であるとか職場環境などが優先され、前職と同程度であればひとまず自分を納得させている人も多いことでしょう。それでは年収アップ可能な職種とは一体どんな職種なのでしょうか。面接段階でほぼ条件面のすり合わせができていれば、年収アップを切り出したとたん企業の採用担当者の顔が曇るというケースも考えられます。ただしそこで遠慮して自分から年収アップを口にしなければ、相手のいいなりです。職種によっては強気に出てよい場合もあります。例えば慢性的な人材不足となっているIT系エンジニア職。ひとくちにIT系エンジニアといってもいろいろあります。例えば、セキュリティエンジニア、プロジェクトマネージャー、オープン系SE、汎用系SE、制御系・組込み系SE、アナログ・デジタル回路設計、化学・バイオ系 基礎研究、生産・プロセス開発、生産・製造管理、電気・電子回路設計、データベース系SE、Web系SE、Webデザイナー、サーバ/ネットワーク運用SE、ネットワークエンジニア、プログラマー、ITコンサルタント、セールスエンジニア、ERPコンサルタント、サポートエンジニア、CADエンジニア、インストラクターなどです。狭義ではエンジニアと言えない職種も含まれていますが、どれも情報技術を支える需要の高い職種であることには変りありません。このような職種でかつ専門の言語であるとか資格を保有していること、また経験年数などもアピールして年収アップを交渉してみましょう。

ちなみに私の年収が100万円以上アップしたのは、この情報を知っていたからです。


ほんの少しのことでお給料は大きく変ります。諦めないでくださいね。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17101433

この記事へのトラックバック

税理士の年収
Excerpt: 税理士の年収
Weblog: 税理士の年収
Tracked: 2009-02-22 09:44

関連する記事を集めています
Excerpt: 関連する記事を集めています
Weblog: 低分子コラーゲンの使い方
Tracked: 2009-03-22 23:41
スポンサードリンク