転職は年収アップのチャンスです。求人情報を読む力を養いましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

カタカナ職種の求人情報

数多くの転職サイトに会員登録していると、1つのサイトから週に2〜3通のメールを受け取ることになります。例えば5つの転職サイトに登録していれば、1週間に15通ほどの求人情報メールが届き、さらにその中の1通あたりの求人案件は、多い日には30件にものぼることがあります。このように転職サイトに登録して送られてくるメールの全てに目を通すことは難しいとは思いますが、中には自分にぴったりのお宝求人が潜んでいたりするので、あながちゴミ箱直行にするのはもったいないと感じます。そこで、今回は数多く届く求人メールの中からテーマをもって求人情報をピックアップし、みなさんにお伝えすることとします。
では早速今回はカタカナ職種に絞って求人情報をピックアップしてみましょう。まずは東証1部上場企業のプロサクトデザイナー、システムエンジニア、プログラマー、工務店のハウジングアドバイザー、システム開発会社のWeb系・オープン系エンジニア(サーバ/ネットワークの構築が主業務)、飲料水のローディングスタッフ、デベロッパーのSE、PG、インフラ系SE、ネットワーク、サーバーエンジニア(SE,PL,PM)、ヘルプデスク、自動車、航空機、ロボットの設計・開発、試験・解析エンジニア、アカウントエグゼクティブ、ネットワーク・サポートエンジニア、PCオペレーターなどなど、主にIT系エンジニアの求人が多いようですが、従来の物流系営業職もローディングスタッフなどカタカナで少しイメージアップを狙っているようです。その他、ふぃーるど・サポート、プロセス系エンジニア、機電系エンジニア、製造オペレーターなど。中には職種名を聞いただけではどんな仕事をするのかわからないカタカナ職種も多くあります。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16837942

この記事へのトラックバック

関連する記事を集めています
Excerpt: 関連する記事を集めています
Weblog: 人気のb.glen(ビーグレン)毛穴のトラブル対策セット
Tracked: 2009-03-14 12:08
スポンサードリンク