転職は年収アップのチャンスです。求人情報を読む力を養いましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

人材バンクと転職サイトの比較

正社員としての転職を考えたとき、どうやって求人企業を見つけるかは、非常に重要です。例えばハローワークは国が運営しているのだから安心だと、ハローワークに登録してある会社の求人情報ばかりを見て、そこにある求人だけに応募するのは、みすみすチャンスを逃しているようなものです。また、インターネット上にある転職支援サイトを使う場合、注意しておきたいのは、人材バンク型と転職サイト型の2種類があるということです。
人材バンクは、人材紹介会社、または転職エージェントとも呼ばれます。この人材バンクと転職サイトの仕組み上の大きな違いは、人材バンクの場合は企業と求職者の間にコーディネーターやコンサルタント、カウンセラーと呼ばれる人が関わる点です。転職サイトは、求職者が直接求人企業を検索して探し出し、直接自分で応募します。転職サイトは求人情報を見つけやすいように、また応募しやすいようにインターネット上に仕組みを提供して、その仕組みを求職者には無料で提供し、求人企業には広告費のように利用料を頂きながら提供しています。
人材バンクの特徴は、インターネット上に全ての求人が公開されているわけではない点にもあります。俗に言う「非公開求人」です。人材バンクを利用する企業にとっても、どんな求職者が人材バンクに登録しているのか、これについてはガラス張りではありません。双方は求人・求職情報の一部だけを知ることができ、その両方を知ることができるのは人材バンクだけとなっています。人材バンクは求職者、求人企業双方の情報を見てマッチングをはかり、求職者、求人企業がおおまかな条件で合意したときにはじめて面接が行われます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16205918

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク