転職は年収アップのチャンスです。求人情報を読む力を養いましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

エンジニアの転職に有利な資格

人材マーケットで特に需要の高いエンジニア。当然高い年収が狙えるため、異なる業界・職種から未経験でエンジニアに転職したいという希望者も多いことでしょう。しかし、現実的に人材の流動が多い技術者・エンジニアは人を育てるという視点を持った企業は少なく、プロジェクト毎に即戦力となり得るプロフェッショナルを獲得したいという企業がほとんどです。このように高いハードルがあるものの。未経験でも可能性が皆無というわけではありません。その打開策のひとつが資格です。実務経験はなくとも資格があることによって、実務経験ありと同等の評価を得られることもあるため、未経験者の転職には資格取得が有効と言えます。
では、エンジニアの転職で有利な資格にはどのようなものがあるでしょうか?まず筆頭に挙げられるのが、基本情報技術者です。基本情報技術者とは、経済産業省認定の国家資格情報処理技術者試験の一区分で、情報システムの基礎力を証明する資格です。次に全くの未経験者では難しいですが、企業から需要の高い資格として、同じく情報処理技術者試験の一区分であるプロジェクトマネージャがあります。基本情報技術者はプログラマ、開発者現場担当者向けの資格と言えますが、プロジェクトマネージャは、システム開発プロジェクト全体を管理統括する責任者としての資質が問われる資格です。合格率は例年1桁台と非常に低く、難易度の高い資格と言えます。同様の資格に国債資格であるPMP(プロジェクト・マネジメント・プロフェッショナル)がありますが、難易度はプロジェクトマネージャの方が低く評価されがちです。
これ以外にもLPIC(Linux技術者認定)、Javaプログラミング能力認定、初級システムアドミニストレータ、Webクリエイター能力検定、ベンダー、情報セキュリティアドミニストレータ、CAD利用技術者認定、システムアナリストなどが代表的なIT系エンジニアの転職に有利な資格とされています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15504488

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク