転職は年収アップのチャンスです。求人情報を読む力を養いましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

エンジニアの転職―派遣という選択肢

プログラマーやSE(システムエンジニア)などのIT系エンジニアが転職を考えた場合、正社員採用の道と派遣社員や業務請負社員としての道など多種多様な働き方が考えられます。IT系エンジニアは売り手市場だと言われていますが、正社員採用だけを見るとその限りではありません。エンジニアの転職には人材派遣の存在が大きいのです。エンジニアの派遣は、通常エンジニアの人材派遣を専門で扱う派遣会社が介入することが多くあります。エンジニア専門の派遣会社は規模の大小を合わせると、都心部を中心にかなりの数があり、競争も激しくなっています。転職希望者側から見れば売り手市場なため、派遣会社を選べるのがメリットです。

例えばここ ⇒ スタッフサービス・エンジニア正社員転職

エンジニア専門の派遣会社ではなくても、大手派遣会社の中でエンジニア部門というのは独立しているケースが多く、それだけ派遣会社としても力を入れています。例えばインテリジェンスではエンジニア派遣、パソナの関連会社でIT系人材を主に扱うパソナテック、アデコのITエンジニア派遣、メイテック、テンプスタッフ・テクノロジー、リクルートITスタッフィング、スタッフサービス・エンジニアリングなどがあります。その他伝統的にIT系に強い大手メーカーの関連会社としてIT系派遣会社を運営しているところもあり、その場合は主に親会社である大手メーカーの研究開発部門に派遣されることになります。エンジニアの場合、派遣と似た雇用形態に業務請負という働き方もあります。このエンジニア派遣と業務請負の違いについては後日詳しくお話したいと思います。


※求人就職の口コミ情報は、 ranking をチェック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15357681

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク